模写:イタリアの旅(その2)

前回のつづき:この画家は、行った先の国の人々の生活を描くため必ず市場で描いてくる、と画文集に記されている。今回は市場の景色の模写。

P64W.jpg

ローマの野菜売り


P68S.jpg

魚屋


P72S.jpg

カルチョーフィ:
和名チョウセンアザミとのこと。


P73S.jpg

肉屋


P74S.jpg

南瓜売り


P75S.jpg

椎茸売り


P77S.jpg
野菜売り 


残りはまた何時か間をおいて載せたい。 



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター