「ドン・キホーテ」の挿絵模写

雪の日の室内ペン画練習。

外歩きが出来ないときの楽しみのひとつは読み残しの本を読むこと。音読、黙読とかあるが、自分の場合は分読(中断ではなくいずれまた、という自作語w)が多い。

そんな一つに、「ドン・キホーテ」がある。何度か分読している。1,7枚目以外はギュスターボ・ドレの本を手にとって模写しながらだから進みは遅い。今回は全体の半分位までの描けそうなものの模写。

追記:上で「模写」と言っているが正しくない。ドレの精密な線画を見てのペンで少しまねしただけ。
例によって影は適当に入れた。



01RamanchaS.jpg

舞台のスペイン・ラマンチャ(本の中の写真から)

08TotugekiS.jpg

突撃のドン・キホーテとサンチョ・パンサ


02TsumazukiS.jpg

愛馬ロシナンテの躓き


03TabitachiS.jpg

旅籠からの出発


04FuusyaheS.jpg

有名な風車への突撃(の結果)


06MizuwomotometeS.jpg
水を求めて

05TekubiwoTukamareteS.jpg
片手を捕られて:
この後ロシナンテが走り出しドン・キホーテは宙づり、
机の目の前のカップのピカソのスケッチをまねて。


07FurusatoheS.jpg

やっとの帰郷:喜ぶサンチョ・パンサ(鉛筆で)
 


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター