小樽歩き(その9)前編

9月末 3度目の桜町歩き。
前2回は小樽築港駅からバスを利用したが、今回は歩きで駅前の若竹町、平磯公園を通って、桜町へ向かった。この記事は公園までもので、桜町のは次回。

1002WakatakeOldHouseS.jpg

駅前の坂の途中の年季の入った家:
この家は三度ほど描いているが、描くたびに少しか変わっている?
下に2008年と2015年のを再掲する。

13小樽築港若竹通り300    0621Wakatakechou300.jpg
  2008年8月                       2015年6月


1002NiikuraHouseS.jpg

アート工房 開拓舎、小樽縄文人の会という看板のある洋館:
坂を上って行くと目に入った建物。近くにいた人に聞くと「にいくら」と言う名前、
有名な和菓子の新倉屋と関係あるのか聞きそびれた。
アートと付いていると近くでは描けず、向かいの離れた空き地から。

1002KaidanS.jpg

平磯公園近くの階段と坂:


1002RedLoofandMinatoS.jpg

赤い屋根と港:前の絵の階段の中ほどから。
この後少し登って平磯公園のベンチで休憩後、公園の縁を坂を探しながら   
歩いたが、描く所が見つからず、結局8月に行ったロータリーの所へ下りた。 


------------
上の洋館の絵を白が目立つよう「小樽学」に載っている写真を参考に書き直してみたが...。

1002NiikuraHouseRDS.jpg  
 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター