思い出してのスケッチ

ここ2回ほど水車町辺りへ行って、その何枚かを載せた。
今回も場所は同じだが、遊びの記事(いつもの通り)。

樹で鬱蒼とした遊歩道の脇のログハウスを目にした。周りに散らばっている端材などから、自作の家に思え、奥の小屋に薪がビッシリと積まれていた。
初めにこの景色を見たとき描きたいと思ったが、手前に車があって断念した。
2回目は家主らしき人が庭で仕事をして、断ってまで...とまた諦めた。
家へ戻り、どうしても描いてみたく思い出しながらペン描きをしてみたら、何となくこんな雰囲気であったと思えてきた。

後で描こうとして観察してきた訳ではないので形・色とも相当怪しい。

ペン画と陰を
入れたもの、色を塗ったもの3枚を載せる。どれも創造ではなく単なる想像画。
家の色は黒っぽかったと思うが敢えて茶系にした。


0928SuisyamachiWoodHouseMonoS.jpg

ペン画

0928SuisyamachiWoodHouseShadowS.jpg

影付き

0928SuisyamachiWoodHouseColorS.jpg

色付き

 認知症予防に役立つかな~? もう手遅れ(陰の声)(w)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター