雪の合間に

1月18日

(20日4点追加)
始めての写真掲載:孫たちの作った雪だるま
余りの寒さで居間に入れてと言っているように見えるが、入れるのが親切か?
帽子は間に合わせのボウシならずボウル


yukidaruma.jpg  

0120MonoTenjin.jpg
天神山

0120MonoSyoujinngawa.jpg
精進川 

0121MonofromRoom.jpg
窓から

毎日降り続く雪の合間に近くの雪景色を何枚か描いてきました。
天神山と地下鉄南平岸駅の東側の2か所からのスケッチです。
場所としては当ブログに何度も載せたところです。 

0118fromTenjin.jpg  
天神山から

0118fromHTBhill.jpg
南平岸の丘から

0118HTB.jpg
HTBへの坂

0118Soumajingya.jpg
相馬神社の古木(札幌・平岸)

0118TenjinKaidan.jpg
天神山の階段と”雪まゆだま”(自作造語)


 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こまどりさん 訪問・コメントありがとうございます。雪だるまの表情は3個の黒丸の偶然の配置ですが、つくづく面白いなーと見ています。
子供の無心さがいいのでしょうね。また見て下さい。

No title

雪だるまかわいい~。ほんと、猫ちゃんのような可愛さでなにか訴えているみたい。
同じ景色でも、雪景色になると、また違うイメージがつたわってきますね。

No title

旅子さん コメント有難うございます。貴ブログの川柳
「あの人もペンギン歩き板につき 」感じが出ていますね。
返歌「屋根を見上げて足とられ」。私の実話ですが、変(です)か。
ブログの方混載ですが、又見て下さい。

雪、雪、雪

お孫ちゃんの雪だるまは、目の下の紅ショウガのようなのがユニークですね。
やまぐちさんオリジナルの雪まゆだまはこちらでもよく見ます
造語は私も大好きでよく意味不明と言われます!(^^)!
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター