小樽の路地


何時も見せてもらっている小樽の小梅太郎さんのブログ「小樽日記」に刺激されての記事。

小樽駅の一本南に細い路地があり以前から好きで何度も描いている場所がある。
そのブログに出てくる「旧衣斐質店」はこの通りに面していて、小梅さんの記事には、「雪あかりの路」や伊藤整との関りなど興味深くまとめられている。

今回は氏の写真を見ての2枚と、助っ人(紙)として、以前描いた3枚を載せる。

 
0320InahoRoji01500x600.jpg

写真から01:
左の建物が「旧衣斐質店」

0320InahoRoji02S.jpg

写真から02:
前の絵の建物がやゝ縦長すぎたりでペンで再描

2008TheRojiFirst.jpg

2008年初めて描いたもの:
少し引いた所からのもの、旧衣斐質店は青い建物の陰で見えない


0617InahoRoji.jpg

2015年6月

0809RojiRevS.jpg

2015年8月:
上の4枚と同じ路地だが逆方向から

 今回は同じ場所ばかり。毎年1枚は描いているが再掲したもは初めと昨年もの。
小樽には絵になる路地は
他にも幾つもあるが、いずれまたこんな遊びをしてみたい。

小梅太郎さんのブログ「小樽ゆかりの文学者・伊藤整と関わりのある建物「旧衣斐質店」には、
旧衣斐質店の写真や、この路地の両脇に灯された雪あかりなどの写真が沢山載っているので
是非訪問してみてください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

小梅太郎さんへ

おはようございます。お忙しい中ご訪問頂きありがとうございます。
この路地に出会って7,8年になりますが、小樽駅から帰るときは、毎回見て・描いている定点スポットです。何故かホットします。
小梅太郎さんはよく歩かれますね。大変参考になります。
これからも宜しく、コメントありがとうございます。

No title

こんばんは。
すいません、ちょっと遅れてしまいましたが、拝見させていただきました。
いつもながら、素敵なタッチのスケッチですね。
この旧衣斐質店の建つ小路は、何だか味がありますよね。
街中にあるのが、かえってそう感じさせるのでしょうか。
当方のブログの紹介もしていただき、ありがとうございます。
また、何か参考になるものがあれば、使ってください!
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター