模写(4)

平山郁夫画伯の本の模写の最終回。今回は3種類の本からの模写で色も何とか塗ってみた。

ColPotaraKaidanS.jpg

ポタラ宮正面の階段から(チベット・ラサ):
「チベット素描展」図録(1977)から


PotalaKyu57x41cmColSRev.jpg

 
ポタラ宮:
ポタラ宮を描いたものは沢山あるようだが、「チベット素描展」図録から、
今回はどれもF4の紙に描いてきたが、この絵だけは景色の広さにつられF8に描いた。
本画作品は”西蔵布達拉
(チベットポタラ)”(屏風6曲1隻、横366.4cm、名都美術館蔵)


ColIsfanMoskS.jpg

イスファンシャーモスクを望む:
「私のスケッチ技法」の口絵


ColArtayaWattIsekiS.jpg

アタリアワットの遺跡(タイ):
「西から東にかけて」から


ColRasanoMinkaS.jpg

チベット・ラサの民家:
「チベット素描展」図録から


 蛇足:2001年北海道立近代美術館での平山郁夫展で”西蔵布達拉(チベットポタラ)宮”
をみて、強烈な印象を受けたのを覚えている。めったに図録など買わないのにその時は
買って今も手元にあり今回も何度も見返した。4回に分けて記事を載せたが他の模写も
含めいずれまた記事にしたい。
 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター