小樽街歩き(その11)つづき

前回のつづき:午後の

前に描いた所から更に上り、この先行き止まりの看板の直ぐ下まで行き、そこから下りながら描いた。
この日は気温も日差しも丁度良く楽しく描けた。


1016MasakaeSakaTopS.jpg  

沢底を流れる
真栄川沿いで:
右下に川が流れ、狭いが傾斜があり、せせらぎがよく聞こえた。   
川の近くにも家があり冬には雪で埋まってしまうのでは?、大変そう。

1016MasakaeSakaMidleS.jpg

少し下った位置から:
右の坂を行くと和光荘や先日の潮見台川へ出る。

1016MasakaeSakaLowS.jpg

更に下り、イチョウがきれいで:
この通りも今日描きはじめの勝納川へ下る道のつもりだが。

1016KitanohomareColorS.jpg

付録:北の誉
10月16日の道新に「北の誉 小樽での生産終了」と言う記事が載っていた。
左が展示施設「酒泉館」、右が工場。場所は奥沢町、勝納川沿い。この日たまたま通った。
道路脇で描いていたらカメラを持った人が話しかけてきて、「今月で閉鎖とは惜しいですね」
と話しかけてきて、後ろから描いている所を写していいですか、と言って写してくれた。   
どこかのブログに載っているかもしれない。その後歩いていたら車を止めて途中まで    
送ってくれた。 小樽の人の親切にまた会った。                          
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター