思い出しスケッチ

先日 内のと何年か振りに小さなピアノコンサートに行ってきた。
描くものを持たずの外出は珍しい。地下鉄すすきの駅からぶらぶら途中の景色を楽しみながら豊平橋を渡り会場のホテルへ。
帰宅後、認知症テストみたいに見てきた景色思い出し描いてみた。診断如何?、という遊びの記事。


1003SouseigawaS.jpg

高瀬川の柳? 薄野の東の創成川
京都の高瀬川(↓)とは大分違う。


takasegawaS.jpg
いつか見た高瀬川


1003ToyohiraBashiRS.jpg  

豊平橋と市の中心方面:
ドローンからのドローみたいになった(w)、
を渡る電線は余分だった。 


1003toyohirabashiPostCardR.jpg
昭和10年頃の豊平橋:
「橋平豊(幌札)」というポストカード借用

思い出しスケッチを試みたが、2枚目は描いた本人同様やゝボケた絵になった。
やはり現場で、見・感じた通りを紙に描くというのが基本、を再認識。 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

タマちゃんへ

2日の悪天候が納まりやっと晴れ、今現場から戻ってきました。
大倉山シャンツェ裏の坂道を上り下りし描いてきました。
雪虫が飛んでいたりで冬が目の前ですが、20度くらいですが日が差せば気持ちのいい季節です。
そんな中でのんびりとスケッチ出来ることを楽しんでいます。
コメントありがとうございます。

現物、現場を見て描く・・・

見ないで描くって難しいですね。

何となく描けるような気もするのですが
出来上がってみると迫力のない単純なものになりそうです。
だから、静物でも風景でも現物、現場を見て描くことにしています。
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター