小樽街歩き(その8) 赤岩近辺の坂

8月25日 前から行きたかった小樽の北の山の手:赤岩へ行ってきた。
駅前からバスで北山中学校下まで行き、そこから徘徊開始。①~④を描いてきた。色は家で。

通りがかりの人に、「札幌から坂のスケッチに来たものですが、この辺りで一番急で長い坂はどのあたりにありますか?」と不躾な質問をした。「さー?赤岩はどこも坂ばかりですからね...」と、それでも北山中学校近辺や,あと2,3ヶ所教えてくれた。

マップの①~③辺りを上ったり下りたりし3枚描いて、その後、赤岩2丁目のバス停の近くから、笹薮の山道を登り手宮公園方面への尾根道を通り、④の坂に出会い、道脇の木陰でゆっくり描いた。

それを最後にこの階段を下り、疲れて梅ヶ枝町のバス停から駅へ戻る。

0825MapofAkaiwaS.jpg

歩いた近辺の略図

0825KitayamaChuTikakuS.jpg

①北山中学校近くの白い坂:
コンクリートの白い坂が珍しく、描きたいが日陰が無く、角の家のチャイムを押して
玄関先の日陰で描かせてもらった。
その後その坂を下りていくと、辺り一面道路や各家の近くまでコンクリートで
覆われていた。多分雨による災害予防の措置だと思う。

0825KitayamaChuYokoRS.jpg  

②北山中学校横から:
少し下り通学路に出て再度上り、グラウンド横から

0825Akaiwa2SakaEndS.jpg

③行き止まり坂の上から:
いったんバス停へ戻り、先程教えてもらった脇道へ入り、
この坂を見つけた。道の真ん中の木陰で描いている時、
背中左の家人が車で戻ってきた。「何しているの?スケッチですか。
(家の玄関前の)テラスからもいい景色ですよ、どうぞ」と言ってくれたが、
描き始めていたので丁寧にお断りし、路上で再開。

0825fromSuehiriToUmegaeS.jpg

④末広町から梅ヶ枝町への一部階段の長い急坂:

ここを見つけれたのは先にも書いた尾根道をきたから。
この道も上る前地元の人が車を止めて教えてくれた。
絵の左の坂の奥に、ユニークな私設中野植物園がある。
降りてくると梅ヶ枝町。正面下のグレイはコンクリートの擁護壁。
描いている途中で以前その坂の上から描いた事を想い出した(↓)。

付録:

0630simizucyou06kitatemiyasyou.jpg

前の絵を描いた場所は左上の階段坂 2011.6.30
今回の記事は説明が長くなったが描いたのは4枚だけだがいろいろ思い出に残る小樽行きだった。 
この辺りはもう一度歩きたい。

 
 
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター