小樽文学館企画展参加のこと

小樽の街、特に坂、路地、板壁の三角屋根の家などが好きであちこち歩いて、
目にした景色をスケッチし、このブログに載せてきた。

それらが小樽文学館の玉川館長の目にとまり、館企画の「小樽・坂道物語展」に
出展を依頼された。

後にも先にもこのようなことはないだろから、喜んで参加することにした。
ブログですでに載せたものなど120点ほどを出すことになった。

bungakukankikakuten500.jpg
文学館のHPからのコピー


展示例 

     fromOuyouRightF6-250.jpg      JyououjinoSaka250.jpg     
          長橋の丘からの坂と港                浄応寺の坂                         




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ひまつぶし さんへ

小樽には名前の付いた坂が30ほどありますが、
歩いて・見つけて・描いたのは名の無いものが殆んどで、
どうなることやら気がかりですが、2度と無い機会と思い
参加することにしました。
足が動くうちに更に徘徊したいと思っています。
コメントありがとうございます。

おめでとうございます

企画展への出展、おめでとうございます。
きっと今からの描く励みになると思います。

Carlosさんへ

おはようございます。
描いたものをブログでアップし楽しんでいるだけで、
展示など考えていなかったのですが、誘いに喜んで乗りました。
企画の詳細はまだ不明でどうなることやら、と思っています。
早速のコメント有難うございます。

No title

おはようございます

そうですか~出展が決まったんですか~おめでとうございます。
よかったですね。
きっと素晴らしい展示会になると思います。
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター