小樽街歩き(その4)つづき

前回の記事は埠頭で描いた所で終わった。そのつづき。

帰ろうと駅に向かって歩いているとき、以前から気になっていた建物が目に入った。
通称すし屋通りから一段高い所に見えるもので、5年前の冬少し離れた所から描いた。

今回は坂を上り近づいてみた。未だ現役のようでそーっとカメラに収め、家で描いた。

その後、水天宮の北裾をもう少し上り海宝楼前の門から港方向、最後にこれも
以前にも描いた缶友クラブを別の方向から描き、バスで戻る。

0531SakaimachiOldHouse400.jpg  
東雲の建物:
壁の飾りやデザインは今見てもモダン。       
下の絵は堺町からのものだが、建物自体は東雲町。


20100531SakimachiOldHouse300.jpg
境町から見た建物(再掲):2010.1
すし屋通りから、寒さで手がかじかみながら描いた。

0531Miharashisaka.jpg
見晴らし坂(出世坂):
中央のコンベア辺りが先程までいた埠頭。              
坂の下から修学旅行の高校生10人ほどが上がってきたが省略。
右に下りると観光街に出る。                      

0531KanyuuClub500.jpg
缶友クラブの赤い屋根々
水天宮からの下りるときに何度か見ているが、ここから描くのは初めて。
2年前門の前から描いているとき、管理人が帰ってきて、色々話をしたが、
今回は近所の人が話しかけてきて、奥の山に日が沈む頃も良いですよ、と。



0626KanyuuClubFinal.jpg
2年前門の前から描いたもの
(再掲)
   


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター