小樽街歩き(その2)

4月22日 この春一番の好天ということでの小樽行き。
バスで運河の北端の手宮まで行き、そこからぶらぶら。

初めに旧日本郵船の見える通りを描き、その後倉庫や工場の裏を通り海岸へ。

この日は高島側から手宮公園へ上る予定だったが海岸から3枚描いて、
少し風も出てきて、公園へ上るのは諦め小樽駅近くへ戻った。

0422fromTemiyaMxvmae.jpg
大型店の駐車場前から:
通りと背景の山がよくて描いた、通りの右奥が旧日本郵船

0422Temiyaganpeki01.jpg
手宮1丁目の海岸から 1:
いつもとは反対に、街の方向が新鮮で、結局変わり映えしないが
この辺りから3枚描いた。 

0422Temiyaganpeki02.jpg
手宮1丁目の海岸から 2:
前の絵の左方向、海中の2個の構造物は、北炭ローダーと言われた
石炭の積み出し施設の産業遺跡

0422Temiyaganpeki03.jpg
手宮1丁目の海岸から 3:
遺跡を入れて市内方向を、遺跡が右過ぎた...

0422EkiChikakuRoji.jpg
小樽駅近くの路地:
終わりにしてバスで駅近くへ戻り、中央市場の辺りをうろうろして
見つけた狭い路地、奥の左右に梁川通りという商店街がある。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター