3月の載せ残し

3月末に描いた近場のスケッチ。どれもペンの線が多すぎて汚い。



0402fromCooPParkingRev.jpg  

近くの生協屋上駐車場から:
時間つぶしに何度も描いている。

0402CoopMaeRev.jpg  
上の絵の交差点右辺りを地上から

0402TenjinYuuhodouRev.jpg  

天神山の下の遊歩道

0402NanpiratooriRev.jpg  

地下鉄南平岸の東側の通り

0402HiragishiBouzuP.jpg

平岸ぼうず山公園の階段:
冬場は雪で使えない公園への階段。まだ残雪あり。
右のカラスは巣作りの材料をくわえて すぐ近くまで来て
様子をうかがっていた。昨年描きにきたときは背中の樹で雛が
既に孵っていて私を威嚇したのをおぼえていたのかも知れない。
(4月4日 追記)今読みかけの 荒俣宏編著 「大都会隠遁術」にP.S.ビーグルの
「心地よく秘密めいたところ」という短編が載っている。”...衣食住が足りて、
しかも静かで、でき得れば死が訪れるのを待てる場所がいい。そこでビーグルは
考えた。墓場だ。墓場がいい。しかも墓場には、日常の世話をなにくれとやいてくれる
親切なカラスがいる。」(荒俣の紹介文) 
食べ物を運んでくれて、世間話に付き合ってくれるカラスとのやり取りが面白い。
上の絵にこじつければ、「公園とカラス」となろうか...


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター