西山喬素描集 「イタリアの旅」の模写(その3)

「イタリアの旅」を手本に模写を2週間楽しんだ。その最終回。
再び彩色の絵を載せる。著者が書いているが、どこへ行っても人々の生活を
描きたいので必ず市場を訪れる、ということで後の4枚は市場風景をアップ。

15Asahi.jpg
朝陽

25Gyokounogogo.jpg
漁港の午後

30Jyousainomierumichi.jpg
城塞の見える道

70AsanoHanaya.jpg
春の花屋

66IchibanoHitobito.jpg
市場の人々

67Kudamonoya.jpg
果物屋

65Katarai.jpg
立ち話 

3回にわたって模写をアップした。いくらかペンがきの練習になったか?
画集にあるような景色を直接眼にすることはないが、近場でも似たような
雰囲気の景色(市場など)に出会ったらここでの練習を思い出せればと思っている。
雪が解け街歩きが気持ちよい季節を待っている。

(蛇足) 上の記事をアップ後追加。 先日近くの野菜屋でうちのが買い物しているとき、
外で待っていて、店の様子を10分ほどジロジロみて、おぼえて、家に戻って急いで
描いたもの。後日も一度見てみると店の看板に間違いはあったが後は大体似ていた。
認知症はあっても軽度(w)。上の模写と一緒に載せるのは気がひけるが...
03005Yaoya.jpg  
 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Carlos さんへ

Carlosさん おはようございます。
今年は全国的な異常気象ですね。外歩きもままならずペンでの模写
に凝っています。春になってスケッチシーズンに少しか生かせればとは思っていますが...
コメントありがとうございます。

No title

おはようございます。
ペン画楽しませてもらいました。
早く雪が解けて、街歩きが出来るといいですね。
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター