ペン描き:小樽再描(その3)

小樽のペンでの再描が続くが、小樽の特徴のひとつの「坂」を抜かせない。

前回の記事で、載せている絵にはつながりがないと書いたが、今回も同じだが、
載せる順序で、次のような架空の街歩きスケッチ散歩ができる。

小樽駅を出て、駅前の歩道橋から1枚描き、正面の坂を上るのは後にして、
その前に、水天宮へ登り、別方向の東雲方面に下りる。
その後、手宮公園へ向かい、そこから最後は小樽の北 高島漁港へ向かう坂を下りる。



OtaruSakafromEkimae.jpg
駅前から色内小学校
方向の坂: 2013.04
坂の下左方向が
余市方面

OtaruSakafromSuienguu.jpg
水天宮から北方向  2014.11

OtaruSakaSinonome.jpg
水天宮の下の東雲町 2011.05

OtaruSakaSuehiro.jpg
手宮公園西側末広町の坂 2010.06

OtaruPenRojiTakashima.jpg  
高島町の坂: 2012.10
手宮公園は坂の先の左上


    
 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター