「メスとパレット」模写

タイトルだけ見ると誤解しそうだが、著者は森武生という癌専門の外科医。

何年か前小樽の老舗の書店で偶然見つけたもので、仕事で出かけた国内外
で描いた水彩スケッチと旅日記からなる興味深い
3冊の本。それぞれの副題:
「外科医の春秋」、「無影燈のか
げ」、「業と心と夢と」となっている。

外を見ても白という色しかない。今ペン描きに凝っている。10枚ほど模写したが
そのうちの数枚アップ。 
本の絵は水彩画だが、ペン描き模写で一部にに影をつけてみた。

0121Toledo.jpg
スペイン・トレド

0121German.jpg
ドイツ・ノイシュバンシュタイン

0121Butapest.jpg
ハンガリー・ブダペスト

0121Istanbul.jpg
トルコ・イスタンブール

0121Wurdsurg_Fumei.jpg
スイスかドイツ(地名のサインはあるが判読できず)

2月8日追記:上の絵の地名の件で、素晴らしい水彩画を描く 楽しいスケッチさんから
ドイツの「ビュルツブルグ」とのコメントを頂いた。
 


 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Hudson Terrace

Hudson Terraceさん こんにちは。
ビュルツブルグの件ありがとうございます。
再度地名サインを見ると確かにそのように読めます。
海外はスペイン、ポルトガル、AU,NZ しか行ったことなく
殆ど知識はありませんが仮想旅行を楽しんでいます。
この頃室内描きばかりです。
模写を楽しんでいますが何人かのを模写するようにしています。
春になっての外描きに少しか役たつかなーーと思いつつです。
コメントありがとうございます。また見てください。

こんにちは

模写も勉強の一つになりますね。
ところで最後の丘の上に立つ城を描いた絵は、ドイツのビュルツブルグだと思います。
有名なロマンチック街道の起点になっている街です。
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター