「絵のある世界」からの模写

毎度の本からの模写。

筑摩書房・新ちくま文学の森15に、竹久夢二の「あやとりかけとり」、辻まこと「虫類図鑑」
など30編程の作品抜粋が載っている。

その中から、アメリカ・インディアンの部族のひとつの文字を持たないチッペワ族の
口承で伝えられる歌(訳)と白樺の樹皮に記録された絵の「歌と歌絵」の模写。
(手書きの文字が読みづらといういうことで歌を活字で追加した:1月24)

011902Chippewa00.jpg
歌と歌絵1
       
       狩の歌1
        大地のどまんなか          これはおれの棍棒だ振りまわすと
        おれはそこから生まれたのだ   空がブーン ブーンと鳴る
                             けものたちよおれが 呼んだらくるんだぞ

                                 狩の歌2                                        湖面がしずかで               こんどおれも姿を現そう   
        ただ霧が流れ込んでくるようなとき    てんの毛皮を着て
        おれはちょくちょく姿を見せる       世界じゅうを どこまでも

        水が流れいる
        その音が
        おれの家に向かってくる

011902Chippewa02.jpg
歌と歌絵2

       狩の歌3               頭の皮を剥ぐときの踊り
       星のように輝きながら        空にいる人間どもは
       おれの出す光線が         きっとおれのことを妬くだろうな
       けものたちの眼を眩ます      おれがこの頭皮をもって踊るのを見たら

      愛の歌                     カニのまじない袋の歌
      あなたはわたしになにかいった?     どんなカニ男とも おんなじぐらい上手に
      わたしは薔薇のように着飾っている    おれはそいつがつかえるんだよ
      ほら こんなにきれいに

      成功した男の歌           火のお守りの歌
      おれは自分で             炎がおれのからだの高さぐらい
      自分を試練にかける         噴き上がっている
 
011902Chippewa01.jpg
歌と歌絵3:


        飢えの歌             
        おまえたちのなかのだれが   
        音が消えてゆく
        おれのからだを 取るんだい?         五つぐらいのちがった音らしい
        あそこで おまじないを作ってる         自由
        ばあさんに気をつけろよ       
      五つぐらいのちがった音らしい    

        こんなことぐらい はじめから分かっていたはずなんだけど―

        水鳥のやろうどもがやってきて おれのからだじゅうにとまりやがる

右下は
 「朝から晩までスケッチ遊び」という真似(笑)


      
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター