小樽へ(その11)

9月4日

9月2日 小樽旧手宮線跡地で開かれている「小樽・鉄路・写真展」を見に行きました。そのついでではないのですが、前回通りがかって目星をつけていた、奥沢十字街近辺を歩いてきました。

南小樽で降り、奥沢十字街の1本小樽駅寄りの脇道の、私設博物館「我楽古夛(多)」を含む坂を描き、その後、その坂を登り2枚。更に、ぶらぶら徘徊し、何度か寄っている南樽市場へ行き休憩を兼ねて昼を食べ、市場内と市場の前の通りを描きました。

その後、バスで小樽駅へ行き、目的の展覧会を見、その近辺で2枚描いて札幌へ戻りました。

 
090201OkusawaNo1.jpg
 私設博物館「我楽古夛(多)」を含む坂

090202OkusawaNo2.jpg
前の絵の坂の上に見える木造のH宅

090203OkusawaNo3.jpg
脇道からの路地と港

200808NanntaruIchiba.jpg
南樽市場(2008年に描いたもの)

090204NanntaruIchibaNai.jpg
市場内のたい焼き屋さん

090205NanntaruToori.jpg
市場の前の通り

090206IronaiNo1Rev.jpg  
旧手宮線から見える路地(小樽運河プラザ裏)

090207IronaiNo2.jpg
旧手宮線から見える景色(小樽運河プラザ裏)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

斎藤様 コメント有難うございます。この夏小樽の坂に魅せられ10回ほど行っています。歩けば歩く程描きたい所増えていきます。困りました。冬の小樽も良いのでしょうね。また観て下さい。

No title

一度、往ってみたくなる素敵な坂道ですね。
運河プラザも暫く行って居りません。
雪明りの頃、手宮線跡地の撮影に何度か出かけて居りました。

No title

フラダンさん 迷わせてすみません。当の本人も殆んど迷っています。私の人生そのもの感です。南樽市場のたい焼き屋さんの焼きそばとビールの昼食とは何たることだと言われそうです。また観て下さい。

No title

どこどこの坂を上って、下って、その脇の小路、路地、どこどこから見える、景色
絵と行ったり来たり、小樽を知り尽くしてる方は直ぐに理解できますが
忘却のかなたになってしまいました、私は、行ったり来たりしてるうち迷子に
なりました、やっと辿り着いた、鯛焼きさんも、とても忙しそうなので,鯛焼きを
食べずに帰ってきました、、、私って。。なんか、変!?
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター