小樽街歩きスケッチ(その6)

7月15日 飽きもせず小樽へ。暑くなりそうなので7時の電車に乗り、
目指す場所の一つ:船見坂の上の脇道で描き、その後また駅前へ戻り、
バスで錦町まで行き、もう一つの目的の十間坂へ。坂を上下して描いてきた。

目的を持った徘徊と言うのは矛盾だけど暑くなる前に歩きたいということで
仕方ない。昼まで描いて、2時には札幌に戻った。

0715TomiokaMinato.jpg
富岡その1:
昨年も描いているが狭い坂路地と港、好きな景色

0715TomiokaSakaRev.jpg  
富岡その2:
前の絵と近い場所だがやはり坂路地と港

0715Jikkensaka01Rev.jpg  
十間坂その1:
今まで何度か通っているが今回は坂の上まで行ってみた。
少し下りた所から祭りの飾りを入れて描いた。
向かいの帯は手宮公園の坂、その中程の左の建物は手宮小学校。
個人宅の玄関先の日陰を借りて描いていた。
途中で家人が出てきたので挨拶。
「どうぞどうぞ、午後、祭りの神輿が来ますのでそれも
描いてください」と薦められたが、描けずに戻った。

0715Jikkensaka02.jpg
十間坂その2:
坂を下って下から少々手抜きで描いてみた。

0715IshiyamaRoji.jpg
石山町路地:
十間坂の直ぐ港側の路地の日陰で休憩をかねて
描いた1枚。絵には見えないがこの奥に浄応寺がある。

後の3枚は十間坂・浄応寺という小樽の歴史に深くかかわっている場所辺りの
もの。この辺りには描きたい所がまだある。後日涼しくなったら再訪したい。
 


 
 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

むにゅむにゅむにゅ・・さんへ

港町は眺望が開けて絵になりますね。
今緑の季節ですね。貴兄の畑の緑がほしいくらいです。
やさいでさいしょくするとやさしいえになるでしょうか?
(漢字の無い文、暇人の駄文 W)
コメントありがとうございます。

富岡その1

この構図が好きです。なまら小樽らしいです。パレットの緑いろがどんどん減り、補充が必要ですね。
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター