精進川沿いのスケッチ

ここによく名前の出る天神山の西に今は小さな川が流れている。
精進川というが昔は結構暴れれた。今は小川で南16条辺りで豊平川に流れ込んでいる。
川に沿って歩くと段差が続いていて面白い。
「歩こう! 札幌の地形と地質」(前田寿嗣 道新刊 2007)によると、
この段差は河成段丘というとのこと。下の絵の手前低い方を
札幌面、一段高い所をを平岸面。川に沿って南北に数キロ走っている。
精進川公園辺りの5枚載せる。


0413SyoujingawaParkKaidanSaka.jpg
精進川公園の遊歩階段と精進川を渡る橋


0511Nakanoshima2-7OldHouse.jpg
精進川沿いの木造の家

0520SyouinRiverFall.jpg
精進川の滝:
高さ2m位の小さい


0522SyoujinKahanPark02.jpg  
精進河畔公園:
奥の棚は藤棚、盛りは2,3日後?
天気も良く、近くの保育所の子供達が何組も遊びに来ていた

0522RingoBashi.jpg
りんご橋:
精進川の上に掛かる段丘を上下する歩道橋
描いているとき、通りがかりの人が「何処にりんごの木
があるのですか?」聞いてきた、「昔はこの辺一帯にありましたが...」、
と見てきたように応えておいた。
付録:帰り道天神山麓のふじ棚へ寄って、家へ戻って写真から描いた。
樹齢150年位で、10x20m位に広がっていて、鉄製の棚で支えられている。
(5月25日訂正:樹齢は樹の右にあった立て札から150年と書いたが、3日前に
受け取ったパンプレットでは200年となっている。従って、樹齢は少なくとも200年と3日
と訂正(w)。)

0522Fujidana.jpg  
天神藤の根元部分:2本の棒は棚の鉄柱
樹のほぼ全体の写真が”天神藤”を守る会のHPに載っています


  

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター