小樽街歩きスケッチ(その3)

(5月21日追記) 暫く使っていなかった万年筆が復調したので、下の3枚目の稲荷坂を再描。

0515Inarizaka04.jpg  


今年3回目の小樽行き。今回は高島から山側を通り手宮公園を回る予定。
小樽のsurigonさんのブログでいい坂の写真を見て、場所を教えてもらい、
早速行ってみた。

まず、何度か描いている高島漁港へ行き、1枚。

その後、目的の坂(小樽広報の記事によると「稲荷坂」という名前)、余りにも急で時々逆向きで上り、途中で休憩を兼ねて1枚。
もう少し上り写真の場所に行き着き、そこで鶯や名前の分からない野鳥の囀りを聴きながら楽しく描いた。稲荷坂(その1)と(その2)は絵としては殆ど同じだが、記録として載せる。

更に上り、昔の高島・小樽山道(今は舗装道)を手宮公園まで行き休憩、街への下りの途中でもう1枚描いて、バス通りまで下りそこから小樽駅へ。
夕方札幌へ戻るという1日。描いた順に載せる。

0515TakashimaFishermanHarber.jpg
高島漁港と漁協市場 

0515Inarizaka01.jpg
稲荷坂(その1):
2つの岩は弁天島

0515Inarizaka02.jpg
稲荷坂(その2):
背中から来る車に目立つよう消火栓の真似をして
首に黄色のスポーツタオル巻いて描いた(w)
前の絵はこの坂の先 辺りからのもの

付録:surigonさんの写真(5月10日)
0511SurigonTakashimaSaka.jpg



0515SuehiroTemiyaParkMae.jpg
末広町から市内方向:
目の前のかまぼこ型の建物は手宮小学校の体育館



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

surigonさん

surigonさん この度は楽しませていただきました。
最近 坂に凝っていて、ご注意頂いた様に車に注意し、椅子を置いて」ゆったりと描けました。
また行きたくなるような写真を見せてください。

No title

あの坂、名前があったのですね。確認していませんでした~。
けっこう急な坂ですよね。上り切るまでに私もちょっと息切れします(笑)。
スケッチにいいんじゃないかとは思っていましたが、やはりでしたね。
また、オススメの場所を見つけましたら、ご連絡いたします。
ブログのリンクも貼っていただき、ありがとうございます^^
今後もよろしくお願いいたします。
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター