小樽へ(その8)

7月23日
21日また小樽へ行って来ました。天気予報では曇りの25度ということで歩きやすそうであったが、実際はほぼ晴れで29度位になった。小樽へ(その7)の1枚目のスケッチの中央上部の階段が気になり、駅から船見坂を登り富岡2丁目の丘を目指す。
この日のコースは少し複雑であったため略図を付します。丸印の番号順に歩きスケッチしました。

072100NagahashiMap.jpg
稲穂、長橋近辺:点線が歩いたコース、△印は前回描いた地点

072101fromTomioka2no1.jpg
1 富岡2丁目の丘(その1):港の方向、この丘からは港の全体と色内小学校の斜面、長橋方面が見渡せる

072102fromTomioka2no2.jpg
2 富岡2丁目の丘(その2):上と同じ場所で位置を少しずれて。色内小方面

072103Kinpoujimae.jpg
3 金宝寺下:丘から長橋方面へ下り踏切を国道の北側へ渡った辺り、ここは複雑な道路で帰りにも描く

072104RojiSaka.jpg
4 坂道:塩谷街道へ登り北西へ少し進み、民家の軒先の狭い坂道を再び国道へ下りる

072105SirituByouinn.jpg
5 小樽市立第2病院(脳・循環器・こころの診療センター)への坂

072106Ngahasi1choumeCross.jpg
6 照顕示寺下(長橋一丁目):市立病院から長橋小学校を経てJrを越えて山側へ、砂留トンネル

072107Nagahashi1Shougyoujimmae.jpg
7 正行寺下(長橋一丁目)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>プロのデザイナー・写真家
いえいえ、普通のサラリーマンです(笑)。失礼しました。

No title

フラダンさん コメントありがとうございます。
>「小樽スケッチナビ」がそのうち完成するのでは、、、?
誰も行かない所ばかりのナビになりますね。
また小樽?他にないの?と言われそう。
函館は一寸遠いし、横浜、神戸、長崎はもっと。外国は気が遠く。。。
やっぱり小樽しかないのです。諦めてまた観て下さい。

No title

これだけ小樽のスケッチを描いてると、多分、今後も沢山描くと思いますので
「小樽スケッチナビ」がそのうち完成するのでは、、、?
説明も詳しく「あ~そういえば、こんな所あったなぁ~」と回想しながら
見させて頂いてます。

No title

aino310さん お早うございます。私は加齢性早起きですが、貴兄も早起きでいつも6時頃には小樽にいるようですね。訪問とコメント有難うございます。プロのデザイナー・写真家(でいいのでしょうか?)からの感想嬉しく励みになります。
小樽での写真展是非見せて頂きます。
貴ブロ http://otaruai.exblog.jp/ 小樽歩きに大変参考になります。

No title

長橋のスケッチ楽しませて頂きました。
駅から富岡の上から砂留経由でなえぼまで往復とは、かなりの距離を歩かれていますね。
絵も味わいがあって素敵です。今後もぜひ、小樽のあちこちを見せてください。
8月に小樽で(小樽の風景、特に観光地ではなく素の小樽)写真展を開催予定です。良ければお立ち寄りください。よろしくお願い致します。


最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター