模写(その2)


前の記事のつづき。「荻須高徳素描集」からペン水彩を選んで模写。
線描きも難しいが、彩色はもっと不得手。似ていないと言う意味ではオリジナリティ
があると笑うしかない。

c18Smual.jpg  
スミュール

c29OldTownParis.jpg
古い街 パリ

c72ForblueSanDoni.jpg
フォーブルー・サン・ドニ

c77TonelTown.jpg
トンネールの町

c12BuulbardelaGarl.jpg
ブールバール・ド・ラ・ガール

c85CarmenSyuudouin.jpg
カルメン修道院


c83LuedeAlsiev2Wc.jpg  
リュー・デ・アルシーブ:
(これだけは前回の記事の最後に線描きを載せたが、
描き間違いがあったので書き直して彩色した) 

付録:素描集に上の絵と同じ場所の油絵が載っている。これを見て透明水彩と
顔彩を混用して描いて見た。普段自分が描くスケッチと大分雰囲気が違う。

c83LuedeAlsiev2.jpg  

参考のため上の2点の原画を載せる:

c83LuedeAlsievOriginal.jpg c83LuedeAlsievOriginalOil.jpg





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

久保田 さんへ

昨日はご苦労様でした。
今日の道新の記事を読ませていただきました。
写真・記事共々場の雰囲気がよく伝わって来ます。
有難うございます。グランドホテルでは文化部部長のK様にお会いしました。
拙いブログですがプロの方に詳しく見ていただき、過分なお言葉まで頂き恐れ入ります。励みにします。
PC上では少し細工が出来るのでアンフェアですね。
年2回ほどグループ展には出しています。
その時はメールします。時間があればご笑覧ください。

こんにちは

札幌大学でお会いした久保田です。

スケッチの数々、拝見させていただきました。
描き込みをおさえて淡色で仕上げた、小樽や札幌の風景がすてきです。
とくに雪の描き方が、軽すぎず、重すぎず、雰囲気が伝わります。
画面ではなく、実物でも拝見してみたいです。
もし個展を開かれる予定がありましたら、お知らせください。
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター