小樽スケッチ(その10)

11月10日追記
ainosatoさんの今日のブログ2によると小樽花園の通称「花園タイムズスクェア」
と言われている三叉路のビルが内部整理を始め取り壊されるのではないかとのこと。
好きな場所で何度か描いている。飲食街の雰囲気がやや描けていないが添付。

1110NorthMonparunasu.jpg  

11月5日多分今年最後の小樽歩き。
前回9月末に描いた北ガス裏の坂へまた行き同じ場所から同じ景色を再度描いた。
気温は低くないという予報だったが海からの風はやはり冷たかった。
今回はこの近辺でもう一枚描き、残りは少し下り入船市場のまわりで描いてきた。

1105KitaGassUra.jpg
坂と港:
今月末のサークル展に出すためF6に描いた。描き終えて坂を下る途中で、
      落ち葉を片付けていた住人に坂の名前を聞いてみたが、住んで40年程
      になるが特に決まった名前は無いとのこと

1105TenjyoujiIchou.jpg
お寺のイチョウと向かいの家々:
上の絵の坂を下り左へ曲がった辺りの空家の前から、
お寺は天上寺といい、明治23年に長野の善光寺を模して
建立されたとのこと、そろそろお寺自体を描こうか...

1105IrifuneIchibaYoko.jpg
入船市場横:
前回もこの市場で昼食と一休み。裏口から出て直ぐの横の道

1105NansekiSouko.jpg
軟石倉庫:
運河沿いには軟石倉庫が沢山残っているが、海から離れた所には少ない。
今は消火設備関係の会社で使用しているが、元は何であったか聞き忘れた。
筋向いの老舗のお餅屋「みなともち」( ↓ )の店先から、断って描かせて貰った。
高血糖のため糖質制限食実施中、餅は厳禁のため買わずに挨拶だけしてきた。
店の絵はお礼代わり、にもならないが...

1105MinatoMochi.jpg

1105CoopYokoRoji.jpg
生協の横の路地(入船):
右手前の建物は以前にも描いているがこの角度からははじめて
 
 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター