小樽へ(その6)

6月20日

6月18日  小樽後志シニアネットの真壁さんのお世話で、札幌シニアネットの仲間に加わり小樽赤岩散策に参加。
9時半小樽駅前集合、バスで赤岩の市街へ行き、そこから登り始め、海を左手に見て、祝津に下りる、2時間程の行程。
この会のもう一つの目的は、昼食に海の幸を堪能すること。散策は省略しこの昼食会への参加組と合わせて30人程で新鮮なウニ、ソイ、ヒラメ等などビールと一緒に楽しみました。
解散後、ひとりぶらぶらし、手宮までの間に何枚かスケッチしたのを載せます。



061801ekimaekara.jpg
駅前の歩道橋から粗描 : 集合時間に一寸間があったので
061802syukuzutenboudai.jpg
祝津の展望台から : 赤岩から下りてきて5分ほど自由時間で下書き色は怪しい
061803ibaragitei.jpg
旧茨木邸 : バス通りに面した茨木家番屋の裏
061804syukuzumisaki.jpg
祝津から高島岬を見る
061806takashimatonnel.jpg
高島のトンネル出口から
061805takashimaroji.jpg
高島町の路地 : 一寸脇道に入り、疲れて左の家の前の椅子に座らせてもらって。
これを描いているとき右の家の前を、腰の曲がったお年寄りが50がらみの男性に助けられながら路地の奥の方へ入って行った。男性はすぐ戻って来たので家まで送って行ったのだろう。小樽には助け合いの心が残っているといろいろな所に記されているが、このような事なんだろうーなーと思いつつこの場を後にする(この3行追記)。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター