小樽スケッチ(その5)

6月26日 いつもと同じ時間、同じ場所へのスケッチ徘徊。
前回同様水天宮近辺を考えていたが、小樽の手前の築港駅で降りる。

築港公園から平磯岬を回り、海水浴場から市内方向を1枚描き、桜町のアップダウンを歩くつもりが昼になり食べ物が手に入らず、バスで予定の水天宮へ向かった。

この水天宮の丘の北西に東雲町、山田町と言うのがありその近辺で何枚か描いてきた。

0626nearOtaruChikkou.jpg
平磯海水浴場より:正式には東小樽海水浴場
左の丘の上に銀鱗荘がある。札幌からの電車から見える
緑屋根の漁師の家を含むこの景色が好きで何度か描いている

0626fromSuitennguu.jpg
水天宮から外人坂を見下ろす:
何度もこの方向を描いてはいるが下り階段の練習のため

0626fromSuitenguutoMt.jpg
水天宮から山方向を:
真ん中辺りの緑の屋根が解体中のグランドホテル

0626Suharatei.jpg
旧寿原邸

0626KanyuuClubFinal.jpg
友クラブ:北海製罐の施設
昭和12年築で当初は「光亭」という料亭
5年程前この左の建物(光亭の女将の住まいでその後北海製罐女子バレー部寮)を描いていたら、クラブの管理人が出てきてこちらも描いて下さいと言っていた。              
その頃は描けそうもないと初めから諦めていた。今回も描いているとき、同じ人が外出から帰ってきて色いろ話を聞かせてくれた。その建物も今解体中。                 
蛇足:2008年に描いた旧寿原亭と北海製罐女子バレー部寮

旧寿原邸と坂small

  10小樽製缶詰社員寮small  

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

むにゅじいさんへ

むにゅじいさん グランドホテルが無くなるとNTTの鉄塔が小樽の目印になりますね。
旧寿原邸は修理中で終われば公開すると何かで読んだ気がしますが怪しいです。ここも、他も外面だけの面食いで中に入ったことは余りありません。
東小樽の海水浴場は海開きの直前で行ったときは誰もいませんでした。勿論私も海には入りませんでした。
又見てください。

No title

我が元職場も描き込まれていて嬉しい至りです。3日遅れで「むにゅじい」が小樽へ追っ掛けでしたね。
寿原邸は公開しているんでしたか??
東小樽の海水浴場はこれから賑わう季節になりますね。
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター