小樽スケッチ(その2)

4月23日 一日晴れで15度程の天気予報。
今日を逃すとまた何時行けるか分からない(w)と自分に言い聞かせ9時過ぎの電車に乗る。

この日はザクッとした絵を描くと決めて大きな景色を求めて小樽公園と水天宮の丘を目指して歩き始めた。
途中ainosatoさんのブログで見ていた商大通りの変則十字路のそば屋の前に来てしまった。早速道端に椅子を置いて描き始めた。”
ザクッとした絵”にならずいつもと同じ。

その後、小樽公園へ向かい
頂上の展望台へ。未だ雪が残っていて少々寒かったが何とか色塗りを済ませ、水天宮へ向かいそこで2枚描き4時過ぎのバスで戻る。
いつものように歩いた順に載せる。

0423midorisobaya1.jpg
緑一丁目の交差点

0423myoukenichiba.jpg
妙見川と妙見市場:
緑の屋根の旧小樽グランドホテルも近く取り壊されるとのこと

0423fromkouenntop.jpg
小樽公園から:何年か前6月頃来たが樹で余り
展望が開けていなかった。一寸色気がなく寂しいが視界はいい。
正面中央の緑の屋根が水天宮神社

0423kouennsita.jpg
公園下の赤い屋根の建物:
昨年来たときは頭上の樹でカラスが子育て中で
追い払われゆっくりスケッチ出来なかった。今回はOK.

0423siyakusyosita.jpg
公園下の市役所近くの家々

0423fromsuitennguuminato.jpg
水天宮から:右下が運河の南端と海陽亭で、
目の下がメルヘン交差点辺り 

0423fromsuitenguumanamisaka.jpg
水天宮からの坂:下が入船通り辺り
色塗りの頃は結構海風が強くなってきて、今日の描止。


付録:1枚目の交差点の再描
0423midori1sobaya.jpg

ザクッと描けなかったのは万年筆のせいかと思い、
家でコンテ鉛筆で描きなおしてみたが大して変わらず。
対象や道具のせいでないことは当然。

 (追記) 先日6歳の孫の絵を見て、「自然でいいなー」との印象から、「ザクッとした絵」を描きたいと思い、今回の小樽歩きで心掛けてみたが全くチマチマとした絵にしかならなかった。

20130404yuinouminisizumutaiyousmall.jpg

孫の「海に沈む太陽」 


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター