小樽街歩き(その9 後編)

前編の終わりの絵とほぼ同じ位置の坂の行き止まりに立派な階段と和風の大きな家がある。
2年前豊川町の方から石山町方面を描いたときにも何の家だろうと思いつつ描き入れた。
近寄ってみても何も分からないがその階段に座って1枚。
その後昼抜きに気付き”下山”。例によってスーパーでおやつを仕入れ近くの公園で休憩。
手宮、錦町、色内、稲穂歩き、駅前からバスで戻る。

0921fromIshiyaToToyokawa.jpg
石山町から豊川町方面を

0921TemiyasennCross.jpg
旧手宮線の踏み切り:2008年に描いた(下に掲載)ときはもっと古さが残っていて、
右の電機製作所の人が出てきて、ここは結構ドラマの撮影に使われる、
と説明してくれたが、手直し後の今はどうだろう
2008TemiyasenCross.jpg
2008年の踏み切り


0921Ironai2OldHouse.jpg
色内の年季の入った家の一角:
前から気になってはいたが描いたのは初めて。疲れていたこともあって
2,3変な所があるが日記の一部としてアップ

0921InahoTekkoujyou.jpg
稲穂の鉄工所:前の絵の筋向いで通りから作業を覗いていたら、
何か用事ですか、というので、ここを描いていいですか、
と頼んでみた。こんな所で良ければどうぞ、と快くOK
もっと道具などあったが暗くて詳細が見えず
 
0921InahoOldHouseMae.jpg
 稲穂3丁目:中央市場横から港方面を
手前右の建物は何度か登場している木造3階建物
奥のドームは小樽運河工芸館(?)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター