小樽街歩き(その9 前編)

(後編はこの記事の下に掲載9月30日記

9月21日 天気も大丈夫そうなので出かけた。
リンクにあるainosatoさんが最近アップしている石山町の追っかけをして来た。
小樽駅を出て左手奥に見える小樽で1,2の長い急な坂を登りきると石山町。
坂の途中で休憩を兼ね1枚、坂の頂上で右の脇道(個人の敷地)を入って行きそこから港を描き、あとは
浄応寺の下左の通りに居ついて数枚。
手宮への坂を下り色内、稲穂を通って帰札。

0921IshiyamaIronaisyouMaekara.jpg
色内小学校前から:強い陽射しの中、急な長い坂はきつい、
よその家の前の日陰に椅子を置いて

0921IshiyamafromJyoujimae.jpg
丘からの小樽港:個人の敷地を少し入って、
畑仕事をしていた住人に断って

0921IshiyamaSakaToMinato.jpg
石山町の坂と港:実際はこれ程海が広くは見えないが、
こう見えればいいなーという願望も入れて。
本当は次のainosatoさんの写真のように見える(左半分)

ainosatorev.jpg
 

0921IshiyamaSakaToRoji.jpg
坂路地:この辺りには平地は殆ど無く坂ばかり、
冬はさぞ大変だろうと思いつつ描いた

0921IshiyamaToMinato.jpg
高台からの港眺望:
いまいる浄応寺の下左の通り自体坂になっていてそこを上りきったあたりから


似たような絵ばかりになったが残りは次回にアップ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

石山・・・への返事

石山町にも思い出があるのですね。
小樽から帰るときにはもう次は何処あたりへ、と行く算段をしています。
石山町はじっくり歩いたのは初めてです。いつも浄応寺の坂をまっすぐ降りたり・登ったりしていて横に入ったのは初めてでした。
石山・豊川町にまだまだ歩き残しがあります。
また行きます。見てください。

石山・・・

小樽へ行きたくてうずうずしています。新入社員の頃、この石山の坂の中腹の下宿屋さんに3週間ほど出張でお世話になりました。仕事を終えてこの坂を昇るときは辛くって前を見ないでつま先だけ見て帰ったことがいまも鮮明に思い出されます。でも大好きな坂の街小樽です。
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター