小樽で出会った近藤さんのスケッチ

(8月4日スケッチ2点追加:北運河、軟石倉庫)

近藤勝彦さんのスケッチ

7月23日の記事「小樽街歩き(その5)」で触れた富士宮市から車で奥さんと絵描き旅をしている近藤勝彦さんのスケッチをご本人の了解を得て掲載します。小樽で数時間、札幌で2日間一緒に絵を描いて色々教えて頂きました。この間の札幌と小樽での絵を載せさせて頂きます。これらは素材で後に作品として描きかえるそうです。


100721sakimatifuroukann.jpg  
不老館と硝子の灯あたり
(小樽堺町通りのイタリアンカフェ「オリーブ」の前から)
 
近藤さんのことは、富士宮市のホームページに紹介されていて、一部引用させて頂きます:
東日本
復興支援展について、
”作者の近藤勝彦さんは、市内豊町在住の元中学校美術教諭。故郷の風景を求め、日本各地を夫婦で旅しながら風景を描いています。
 この絵描き旅のなかで出会ったたくさんの方々のなかの1人と震災後に連絡がとれ、お世話になった方々のために何かしたいという気持ちで、復興支援展が開かれました。
 約30点の作品を展示し、市役所ロビーに設置してある義援金箱に募金してくださった多くの方に風景画の絵葉書を贈っていました。”
(http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/koho/weeklynews/vol700.htm からの引用)
4年間
の絵描き旅で17万キロ程走ったそうです。

小樽での出会いの経緯は前記事にありますので、札幌で一緒に描かせて頂いた様子を書きます。
7月24日(日)カーナビを頼りに我が家へ到着、一寸休んで街中へ。地下鉄をすすきので降り、狸小路5丁目で1枚、昼は大通りで開催中のビアガーデンで。飲みながら1枚。
その後、三越前の歩行者天国で、たくさんの歩行者の中交差点のど真ん中にドーーーンと椅子を置いて3枚描きました。

札幌でのスケッチ:
120724tanukikouji.jpg  
狸小路4丁目東向き 

130724beergarden.jpg
大通りで開催中のビアガーデンで

140724mitsukosimae01.jpg
三越前その1電車停留所

150724mitsukosimae02.jpg
三越前その2

160724mitsukosimae03parco.jpg
三越前その3


家に泊まって頂き、7月25日朝食を済ませ早速天神山で1枚、その後、旭山公園から1枚。
2時頃お二人は石狩から日本海側に出て北上のさらなる絵描き旅へ向かいました。
実り多い、無事の旅を祈念します。8月8日ころ北海道を離れ、お盆頃までに富士宮市へ戻るそうです。


170725tenjinn.jpg  
天神山からの藻岩山と手稲山 

180725asahigaoka.jpg
市内眺望:旭山公園から

以下は、小樽での絵を載せます。


小樽の景色

190721unnga.jpg
小樽運河


140722sakaimati01.jpg
堺町本通り

120722otarumannjirou.jpg
万次郎
(堺町本通り

130722otaru02.jpg
堺町本通りの路地

0723kitaunngasmall.jpg
北運河

0720otarusoukosmall.jpg
軟石倉庫


IMGP0142.jpg
付録:天神山にて(右が近藤勝彦さん)

Nigaoesmall.jpg
最後になりますが、ご夫妻の似ていない似顔絵をお遊びで載せます。なお、
一緒に描いた私の絵は後日載せますが同じ場所で描いたとは思えないものです。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フラダンさん コメント有難うございます。近藤さんご夫妻スケッチもさることながら人柄も素敵でした。絵に表れるものですね。
「写真のお二人も素敵な絵になってます」妻が撮ったのですが、遠景が良かった?かも。
私にとって貴重な3日間でした。この後自分のスケッチをアップしづらいですが、一歩でも近づけたらと思い楽しみます。また見て下さい。

No title

ご夫婦でステッチの旅をなさってるなんて近藤勝彦さんって素敵ですね!
絵もとっても丁寧で、重量感が感じられる何だかとても惹かれる絵です。
さすが「類は類を呼ぶ」ですね、、、勿論絵も素敵ですが、写真のお二人も
素敵な絵になってます。狸小路から、堺町本通りの路地まで見せて頂きました、
思った通り!ヽ(^o^)丿特に小樽運河がお気に入りです、外国の様です、、、。

最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター