再び近場の紅葉・黄葉

晩秋の紅葉・黄葉というだけが共通のあちこちのスケッチ。

1029SyoujinkawaPS.jpg

近くの公園1


1029NearParkMiyanomoriS.jpg

近くの公園2


1029TenjinEsatdeiriguchiS.jpg

天神山東出入り口


1029TenjinSouthS.jpg

天神山南


1022NatutubakiS.jpg

一番近い我が家の夏椿:
一輪の白い花が咲いていた(中ほどの左)、
この後枝が剪定された。 

関連記事

宮の森・円山歩き

先日好天の中 札幌の西の丘歩きをしてきた。地下鉄円山公園駅からバスで宮の森シャンツェまで行く。この辺りでも結構高い位置で先日の雪が家の陰などに残っていた。なるべく上り下りしないよう横歩きをし、最後は円山公園辺りへ下って、また地下鉄で戻ってきた。


1025Miyanomori3saroSakaS.jpg

バスで来た3差路の坂道:
この先描いている背中方向へ上ると幌見峠
 

1025MaruyamaNagaisakaS.jpg

やや北へ歩き長い坂道を :
好きな場所で、2度ほど描いている。
奥のドームは市の体育施設ツドーム


1025RengedouS.jpg

蓮華堂という古寺を左に見て:
右上のノッポビルはJrタワー


1025MaruyamaPDeiriguchiS.jpg

円山公園裏側の出入り口辺り


1025KaitakujinjyaS.jpg

公園内の開拓神社とカエデ:
神社と左の階段はもう少し離れていたが少しアレンジして(w)。
バスで登って、2kmほど歩いて下っての1日。少し風が冷たかったが、日差しがあり楽しめた。 

関連記事

紅のあるうちに天神山へ

ほぼ定点描画のカエデを昨年は時期を失っしたのを思い出して、寒かったけれど天神山へ行ってきた。


1023TenjinHirobanoMomijiS.jpg

公園の広場から:
昨年は枝だけになっていた


1023Tenjin3saroS.jpg

公園内の三叉路


1023TenjinOldTreeS.jpg

春にも描いた老木の辺り:
老木の葉はまだ緑々していた


1023TenjinSyamusyoMomijiS.jpg

東出入り口辺り:
左下は狸ならず切り株(のつもり)
 

関連記事

小樽街歩き(その10) 後編

入船町と奥沢町の境の稜線歩きのつづき。
奥沢町の栗山公園という所で持参の軽食と休憩。その後のものを載せる。


1019_2KuriyamaParkUeTooritoSouthS.jpg

公園の上側の行き止りの坂


1019_2KuriyamaParkUeTooritoNorthS.jpg

上と同じ場所で逆方向を


1019_2KuriyamaParkOldHouseS.jpg

両方向坂の交差点から板張りの家を:
右が栗山公園。上の1,2枚目は正面の坂の上で描いた。


1019_2IrifunenoSakaS.jpg

入船町への坂:
前の絵のすぐ左の坂

関連記事

小樽街歩き(その10) 前編

10月19日 好天で気温も15,6度と言うことで急遽の小樽行き。JR南小樽駅でおり、近くの住吉神社裏方向へ。この辺りは沢の稜線で両側には海に向かって入船通りと反対側に奥沢通りが走っている。
今回はこの稜線に沿って歩いた。

1019MinamiOtaruEkiFormS.jpg
南小樽駅の2番ホームから

1019fromSumiyoshiJinjyaUraKaidanS.jpg

住吉神社裏の階段の上から:
下が入船町、何年か前にも描いている。
階段は結構長くて急で、3分の1位しか描いていない。


1019fromSumiyoshiJinjyaUraS.jpg

更に少し登った位置から港方向を:
3連の緑屋根が面白くて。 正面奥が水天宮。


1019Irifune2-21S.jpg

奥沢方向の坂


今回のうち、後の2枚が初めて描いた場所。
この後ここを右に行って栗山公園で昼・休憩し、午後もう少し楽しんだ。次回アップ。 


  

関連記事

豊平公園 緑のセンター へ

(20日夕方から雪が数センチ降り、いよい冬到来)

先日の日曜、何度か行っている豊平公園内の緑のセンターが8月新装オープンということで行ってみた。
内のはセンター内の花々を見に、私は公園内を歩いてラフスケッチ。

1018Midorinocenter250.jpg    1018MidorinocenterNew250.jpg

旧センター(近いうちに解体)        新センター(横から、正面は左奥)


1018MidorinocenterFujidana01S.jpg

花木園コーナー内の藤棚 :棚の下で講習会中


1018MidorinocenterFujidana02S.jpg

 同じ棚を横から
この花木園内には、バラの花壇やツルウメモドキのアーチなどがあったが描くのはパス。
好天の日曜とあって、子供と遊園地で遊ぶ家族や、花や鳥を撮っている人たちを目にした。 

関連記事

緑のある内に天神山へ

10月半ば過ぎても日によっては気温は結構高いが、雪虫が盛んに飛びまわりだしたので、紅葉・降雪はもうすぐ。
天神山を向かいの丘から描こうと思い行って1枚、気の早い樹は黄葉を始めているようなので、緑のある内にと次の日天神山へ。

1017TenjinfromWanpakuPS.jpg   

わんぱく公園からの天神山


1017TenjinWestGateS.jpg

天神山の西側ゲート方向

1017TenjinHirobaRightS.jpg

広場から市内方向:
カエデやポプラは色が変わり始めている


1017TenjinSouthSakaS.jpg

南からの下り坂:
正面の手稲山にも初雪が降ったそう

関連記事

ファイターズのリーグ優勝とCS優勝にかこつけて

ファイターズが先日リーグ優勝し、昨日10月16日CS優勝。十分楽しませてもらった。

先日 豊平区のりんご街道へ自転車で出かけての帰り道、偶然ファイターズを応援する商店前に来た。ここはファイターズのサポーター達の集まる店。すっかり忘れていたが以前この店の構え・雰囲気が気に入って描かせてもらった。また描かせてもらおうと店内に入り「以前にも描かせてもらったのですがまた描かせてください」と言うと、「覚えていますよ、頂いた絵ここに飾ってありますよ」と、額に入れてくれて、レジの後ろに。日付を見ると2009年9月30日。5度目の優勝直前であった。今回も7度目のリーグ優勝の前日のことであった。



0927MIsonoAraiSyoutenS.jpg

9月27日描いた荒井商店:
店の右に青いファイターズの幟が揚がっている。

 

0927MIsonoAraiSyoutenTennaiS.jpg  

店内:昭和の百貨店(写してきた写真より
店内には、酒、タバコ、野菜、お菓子、花、化粧品、...と書き上げれば限が無い(無限)が
100品目は優に超えるので百貨店と言える(w)。レジの後ろの壁にはキンさんギンさんの
1008歳の手形の額や私の2009年の絵
(↓)、各種表彰状等が所狭しと飾ってある。
天井の右上から懐かしい蝿取りリボンまでぶら下がっていた。  



0930美園2-3荒井商店2009S

店に飾ってくれている、2009年9月に描いたもの

22日からの日本シリーズでまた楽しませてもらいたい。   

関連記事

中島公園へ(その2)

前回雨で中断され、一日置いて再訪。今回も地下鉄幌平橋駅で降り、公園の淵を歩き、その後池の周りで2枚、やや気温は低かったが晴れていて気持ちよく描けた。

1014NakajimaPHorohirabashiEkiS.jpg  

幌平橋駅への出入り口


1014NakajimaPRyouteimaeS.jpg

駅の少し北側の公園内から見た通り


1014NakajimaPIke01S.jpg

池の貸しボート屋辺り:
前回遠くから描いたところ。

1014NakajimaPIke02S.jpg
橋と柳

1014NakajimaPKawaNorthendS.jpg

鴨々川の公園からの出口辺り:
橋が赤いのは右に水天宮という神社があるから?
ここは公園の北、この後すすき野を通り、創成川へと流れ込む。



雨のおかげで同じ公園内で続けて2回も描けた。ここは街中にあるにしては樹が豊富で池や川が流れ、よく見れば描けるところはまだまだある。公園内を流れる川を渡る橋は10個くらいはあると思う。樹の種類も豊富でこれからの紅葉も楽しみたい。

関連記事

中島公園へ(その1)

地下鉄で幌平橋駅まで行き中島公園内でチョコット・スケッチ。

1012NakajimaPTomboS.jpg

鴨々川とアキアカネ:
この辺りから何度か描いているが今回は逆向き。
右下は描いている紙に止まったトンボ。
通りがかった人が褒めてくれ、人より大きい大型トンボね、と...


1012NakajimaPKitaraMaeS.jpg

音楽ホール:キタラの前の橋


1012NakajimPIkeS.jpg

池:ボートは終了


1012NakajimaPHouheikanS.jpg

豊平館前:
今回はどれも早描きだが、雨がポツポツと落ちてきて
これはさらに早描き、ペンのインクが滲んだ所は色や樹で誤魔化した。 

関連記事

苗穂駅辺りへ

10月7日 この秋一番の冷え込みで風が強いという日に、前から行こうと思っていた、JR苗穂駅方面へ出かけた。描く用意はしていったが外描きは無理と諦めていた。

苗穂駅のホームから車輌工場、線路脇からの景色、ある施設の屋上からなどから写し、結構歩いて戻ってきた。今回は写真から描いた記事。これから冬に向けてこんな記事が多くなる。


1009Naebo01S.jpg

苗穂駅ホームからの車輌工場


1009NaeboPlatformS.jpg

3番フォームから:
右が駅舎、表は変わっているがこの背中側は昔のまゝと思う、、
右にあった1,2番ホームは今はなく、3,4番のみ。    


1009Naebo0SenrowakiS.jpg
 
駅を出て線路脇からの構内


1009Naebo03S.jpg

線路越しの工場


1009fromRasulHouseS.jpg

特別養護老人施設の屋上から:奥は手稲山
7月頃の新聞に、「撮り鉄歓迎 屋上開放」、という記事が出ていて
鉄道マニアではないが受付して屋上へ上らせてもらった。
来るときは、地下鉄とJrで苗穂駅まで来たが、帰りは景色を探し、大通りまでキョロキョロしながら戻った。
年季の入った小さな工場を写してきた。別の機会に載せたい。 

関連記事

西岡・澄川辺り

10月の初め、 自転車で近場へ。
普段よく行く生協の近くに望月寒川という狭いが時に暴れる川が流れている。その川沿いの景色を1枚、その後自転車を押して坂を上り、丘の上から2枚、帰り道で1枚というスケッチ。


1005SumikawaBouTukisamuRiverS.jpg
望月寒川沿い:
左奥の黒い建物は、入ったことは無いがレストラン・喫茶店


1005MikaerisakaS.jpg

西岡の見返坂:
何度か描いている好きな坂のひとつ


1005fromOkanoueParkS.jpg

丘の上の公園から:
絵には無いが右奥に黒い塔のようなものが...


1005SumikawaJyuukiS.jpg

重機で掘削中の景色:
奥の丘が先程居た公園、そこから見えた建築現場。 


関連記事

小樽歩き(その9)後編

小樽桜町歩きのつづき.平磯公園を出て直ぐの所から1枚、その後、桜町ロータリー、桜公園と長い坂を描いて、バスで築港駅へ戻り、電車で札幌へ帰る。


1003fromParktoJRandR5S.jpg

平磯海岸と桜町の斜面:
2本のカーブはJRと国道5号、奥が札幌方面。
斜面は前回歩いた坂ばかりの地形。
家並みはもっと蜜だったが大分はしょった。


1003SakuraRotaryS.jpg

桜町本通りのロータリー:
8月に来たときはこのロータリーは描けそうもないと諦めたが、
駄目で元々とチャレンジしてみた。真ん中のロータリーは少し小さ過ぎた。
画面を2分しているのは札樽バイパス。



1003SakuraSyoGroundS.jpg

桜公園にて:
桜小学校(左上)のグラウンドと隣接する公園で昼の休憩。
正面上の集合煙突が面白そうなので描き始めたが、昼休み時間の
サッカーをする子供たちや遊具で遊ぶ親子も入れてみた。


1003SakuraSouthSakaS.jpg

長い下り坂の途中から:
平磯公園から見えた長い坂を、既に疲れていたが     
元気を出して登ってみた。坂の上はT字でそこからは坂全体
は見通せず、折角登ったが途中まで降りて描いた。    

正面にもひも状の坂が見えるが先ほど下りてきた坂。   
ここは上の方が階段で途中からは車1台やっと通れる道、
下にはお墓と1回目に描いた量徳時支院(廃院)がある。  



この桜町へは3回来たことになるが、殆ど平地の無い場所で坂好きには楽しめた。
町名のように春は桜があちこちに咲くことだろうからその頃また歩きたい。  

関連記事

小樽歩き(その9)前編

9月末 3度目の桜町歩き。
前2回は小樽築港駅からバスを利用したが、今回は歩きで駅前の若竹町、平磯公園を通って、桜町へ向かった。この記事は公園までもので、桜町のは次回。

1002WakatakeOldHouseS.jpg

駅前の坂の途中の年季の入った家:
この家は三度ほど描いているが、描くたびに少しか変わっている?
下に2008年と2015年のを再掲する。

13小樽築港若竹通り300    0621Wakatakechou300.jpg
  2008年8月                       2015年6月


1002NiikuraHouseS.jpg

アート工房 開拓舎、小樽縄文人の会という看板のある洋館:
坂を上って行くと目に入った建物。近くにいた人に聞くと「にいくら」と言う名前、
有名な和菓子の新倉屋と関係あるのか聞きそびれた。
アートと付いていると近くでは描けず、向かいの離れた空き地から。

1002KaidanS.jpg

平磯公園近くの階段と坂:


1002RedLoofandMinatoS.jpg

赤い屋根と港:前の絵の階段の中ほどから。
この後少し登って平磯公園のベンチで休憩後、公園の縁を坂を探しながら   
歩いたが、描く所が見つからず、結局8月に行ったロータリーの所へ下りた。 


------------
上の洋館の絵を白が目立つよう「小樽学」に載っている写真を参考に書き直してみたが...。

1002NiikuraHouseRDS.jpg  
 

関連記事

歩道橋のある景色

最近の記事に歩道橋がよく出てくる。大して理由は無いが強迫症かよく目がいく。
描いた日・場所はまちまちのもの。


0929PdBrdSuisyamachiS.jpg

水車町2条:
先日2回水車町へ行ったがその際に描いたもの。正面のすぐ奥に
豊平川を渡る南9条橋があり、その先に中島公園がある。


0929PdBrdHiragishiS.jpg

平岸3条:
左手前は地下鉄が地上に出入するシェルター。


0929PdBrdmisono11S.jpg

美園11条:
先日も別角度から描いたりんご街道を跨ぐ橋。

0929PdBrdShiroishiSrev.jpg
 
地下鉄白石駅手前:
この奥が白石駅で、市内では多分最長の歩道橋,
上の3枚は環状通り(藻岩下から平岸を通り北大辺りへの通り)上のもの。
平岸から白石辺りの中央分離帯にリンゴの木が植えられ、リンゴ街道とも言われている。


  

関連記事
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター