小樽街歩き(その8) 赤岩近辺の坂

8月25日 前から行きたかった小樽の北の山の手:赤岩へ行ってきた。
駅前からバスで北山中学校下まで行き、そこから徘徊開始。①~④を描いてきた。色は家で。

通りがかりの人に、「札幌から坂のスケッチに来たものですが、この辺りで一番急で長い坂はどのあたりにありますか?」と不躾な質問をした。「さー?赤岩はどこも坂ばかりですからね...」と、それでも北山中学校近辺や,あと2,3ヶ所教えてくれた。

マップの①~③辺りを上ったり下りたりし3枚描いて、その後、赤岩2丁目のバス停の近くから、笹薮の山道を登り手宮公園方面への尾根道を通り、④の坂に出会い、道脇の木陰でゆっくり描いた。

それを最後にこの階段を下り、疲れて梅ヶ枝町のバス停から駅へ戻る。

0825MapofAkaiwaS.jpg

歩いた近辺の略図

0825KitayamaChuTikakuS.jpg

①北山中学校近くの白い坂:
コンクリートの白い坂が珍しく、描きたいが日陰が無く、角の家のチャイムを押して
玄関先の日陰で描かせてもらった。
その後その坂を下りていくと、辺り一面道路や各家の近くまでコンクリートで
覆われていた。多分雨による災害予防の措置だと思う。

0825KitayamaChuYokoRS.jpg  

②北山中学校横から:
少し下り通学路に出て再度上り、グラウンド横から

0825Akaiwa2SakaEndS.jpg

③行き止まり坂の上から:
いったんバス停へ戻り、先程教えてもらった脇道へ入り、
この坂を見つけた。道の真ん中の木陰で描いている時、
背中左の家人が車で戻ってきた。「何しているの?スケッチですか。
(家の玄関前の)テラスからもいい景色ですよ、どうぞ」と言ってくれたが、
描き始めていたので丁寧にお断りし、路上で再開。

0825fromSuehiriToUmegaeS.jpg

④末広町から梅ヶ枝町への一部階段の長い急坂:

ここを見つけれたのは先にも書いた尾根道をきたから。
この道も上る前地元の人が車を止めて教えてくれた。
絵の左の坂の奥に、ユニークな私設中野植物園がある。
降りてくると梅ヶ枝町。正面下のグレイはコンクリートの擁護壁。
描いている途中で以前その坂の上から描いた事を想い出した(↓)。

付録:

0630simizucyou06kitatemiyasyou.jpg

前の絵を描いた場所は左上の階段坂 2011.6.30
今回の記事は説明が長くなったが描いたのは4枚だけだがいろいろ思い出に残る小樽行きだった。 
この辺りはもう一度歩きたい。

 
 
 
関連記事

近場のスケッチ

この頃札幌市内を「よしっ 歩こう」と出かけることが少ない。
気温・天候のこともあるが、描きたい所が思いつかない。

先日近くの図書館へ本を借りに行ったときの ”ついで画” を絵日記代わりにアップ。


0826SumikawaSyogakkouMaeS.jpg

澄川小学校前の交差点

0826SumikawaAjisainoSakaRojiS.jpg

生協近くの脇道坂

0826TenjinyamAjisaiS.jpg

天神山のアジサイ

0826SyoujigawaFallS.jpg

小さい滝のある階段坂  

関連記事

また小樽へ

小樽での坂のスケッチの展示も2週間が過ぎ、”見てきたよ”という友人からのメールをもらったり、小樽を隈なく歩きブログに写真とともに載せている小梅太郎さんが企画全体の様子を記事にし、私のスケッチにも言及してくれている。小梅太郎の「小樽日記」

また、先日 うちのと孫2人と4人で車で行って、展示を見た後、運河沿いを歩いたり、
その後、皆が観光街を散策中 駐車場での待ち時間に描いたものなどを載せる。


0818ToOtaruBungakukanS.jpg

展示場の3人 

0823SuitenguuSitaCarParkS.jpg

水天宮南下の駐車場から

0823SuitenguuMinamiSlopeSitakaraS.jpg

同じ場所から水天宮への急坂

0823SuitenguuMinamiSlopeS.jpg

同じ坂を上から:
以前に描いたものを見ての再描


関連記事

トンガリのある景色

なるべくつながりのある3,4枚のスケッチで記事を作るようにしているが、
描いた時・場所などがマチマチなものはバラバラ
になってしまう(嫌いな短縮言葉で ”マチバラ”(w))。
今回は無理にこじつけて、”尖がりのある景色”。

0821HTBUraS.jpg

近くのTV局の裏

0821N1ChurchS.jpg

街中の教会:
先日小樽からの帰りバスの終点近くで

0821XaristChurchS.jpg

サッポロドーム近くの教会

0821OodooriS.jpg
大通りのテレビ塔:
免許証更新の帰りの落(楽)描き 
 
関連記事

近場の坂

17日 取り敢えず晴れているが、次の日から2,3日20度以下の雨ということで
近場に出かけて何度も描いている坂を見てきた。


0817fromSumikawaChugakuS.jpg

澄川中学校横の坂:
途中自動車道で遮られるが結構落差のある階段坂

0817MikaeriSakaS.jpg

見返り坂:
何度も描いている好きな坂

0817SinyouHSYokoSakaS.jpg

澄川公園近くの坂:
東京根津神社横のS字坂に似ている(w)
10日ほど前同じ坂を下から描いた(以前の記事の2枚目)


0817CoopYokoS.jpg

生協横の階段坂:
これだけ下から。上から描こうと上ってみたが
階段が全然見えないので諦めて下から描いた
 

関連記事

小樽街歩き(その7)

8月9日文学館へ行った際、用事の前後に描いたものをアップ。


0809fromMiyakoTooriYokoS.jpg

小樽駅近くの都通りアーケードの横道


0809BungakukanTemaeS.jpg
文学館手前の年季入った建物たち:
左にもう4軒ほど並んでいる。右奥が小樽文学館・美術館


0809FutouDodousoukoS.jpg

埠頭にて 1:
これと下のは先日も行って描いた同じ場所、
休憩するのに最適な倉庫の日陰で。

0809FutouLeftS.jpg

埠頭にて 2

0809RojiRevS.jpg  

駅近くの路地:
帰りがけ、先日のひまつぶしさんの絵を思い出して。
この路地は好きで何度か奥から逆向きに描いているがこちらからは初めて。
日陰を探して近寄りすぎて、大分狭い絵になった。


付録:8月14日墓参りの後 何年振りかのバーベキュー。

0815BBQS.jpg  

 

関連記事

近場のスケッチ

小樽のスケッチが何枚かあるが、小樽の記事が続いているのでサッポロのをアップ。
暑かったり激しい雨が降ったりの日が何日かつづいている。
ちょっとした晴れ間に近場で描いてきたものを載せる。


0810SumikawaSakaToTaikadaiS.jpg

西岡からの坂:
結構急な坂だが、その急さが描けていない


0810SumikawaSakaS.jpg

西岡から自衛隊駅前への下り:
好きで何度も描いている


0810SumikawaEkiSakaS.jpg

西岡から地下鉄澄川駅への坂

関連記事

小樽文学館企画展「小樽坂道物語」始まる

<10日道新小樽版に記事掲載> 8/11



何回か前の記事に触れた企画展へ参加作品130点ほどを渡し、展示、キャプションなどすべて館側でやってくれ、8月8日に始まった。2日目の9日に見に行ってきた。

パンプレットと会場の様子を下に載せる。小樽の坂鳥瞰図作成は田中真理さんで、裏面左の絵は三宅悟画家の「秋の北手宮」で、その下が詩人の高橋明子さんの「三宅さんの家」、右に私の「宗円寺の坂」が載っている。

この後街中と港で何枚か描いてきた。後日アップしたい。


panphlett600.jpg

パンフレット表裏

kaijyouphoto600.jpg

会場内の様子:
20点ほどは額入りで壁に、残りは2列のガラスケースに展示 


(8月11日追記)書き落としたこと2点:
1.展示の頭に、玉川館長の私の紹介があるが、拙画を丁寧に見てくれ過分な言葉が記され、今後の励みになる。
2.写真を撮るのを忘れたが、上の展示の対面のガラスケース壁には、
  「小樽 街と家並み」という画文集(1984刊)の小林金三(愛称:こばきん)の文学館への寄贈画から坂の入った絵が何点か展示されている。手本にしている人と同室に展示されたことは嬉しい限りだ。

関連記事

小樽文学館企画展参加のこと

小樽の街、特に坂、路地、板壁の三角屋根の家などが好きであちこち歩いて、
目にした景色をスケッチし、このブログに載せてきた。

それらが小樽文学館の玉川館長の目にとまり、館企画の「小樽・坂道物語展」に
出展を依頼された。

後にも先にもこのようなことはないだろから、喜んで参加することにした。
ブログですでに載せたものなど120点ほどを出すことになった。

bungakukankikakuten500.jpg
文学館のHPからのコピー


展示例 

     fromOuyouRightF6-250.jpg      JyououjinoSaka250.jpg     
          長橋の丘からの坂と港                浄応寺の坂                         




関連記事

近場の3点

暑い日がつづいている。先日自転車で家の近くの坂のある場所へ行ってきた。

昔グリコの宣伝に「1粒300メートル」と言うのがあったが(今でもあるか?)、
今回は「1ヶ所で3枚」のスケッチ(w)。どれも日陰を探してのスケッチ。色は家で。



0807sumikawa01S.jpg

西岡から澄川への下り坂から北向きに

0807sumikawa02S.jpg

同じ坂を下の交差点から振り返る

0807sumikawa03S.jpg

同じ交差点を左に少し上った所から西向きに


1,2枚目の場所は何度か描いてここに載せているが、3枚目ははじめて。
近場で初めて描く場所は段々減ってきた。

 

関連記事

暑中見舞い申しあげます

暑い日が続いている。7月の積み残しで少しか涼しげなものを3点アップ。


0803fromHTBHillS.jpg
近くのHTBの丘から:
何度も描いているが今回は丘の途中から遊具も入れて

0803HitujigaOka01RS.jpg  

羊ヶ丘展望台から:
内のがラベンダー狩をしたいということで付いて行ったついで画、下も。 
奥が市の中心方向、右端がサッポロドーム

0803HitujigaOka02S.jpg

クラークチャペル : ビール片手に

関連記事
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター