札幌街歩き(その12)

(11月29日追記)28日湿気の多い数センチの積雪。いつも行く天神山公園も、昨日までの紅葉の道も隠れ、白一色。

1128FirstSnowTenjinnyamaPark.jpg
― ― ― ― ― ―  


11月24日 久しぶりの晴れと明日からまた寒くなると言うことで、
自転車で出かけて数枚ペン描きしてきた。
先日千歳の友人O君に褒められて以来ペン描きにはまっている。
暫くモノのスケッチが続きそう。
今回は家から3キロほどの中島公園まで、描いた順にアップ。

1124fromNishiHiragishiShouUra.jpg
藻岩山を背景に

1124HiragishiOldHouse.jpg
林の中の木造の一軒家

1124CoffeeAlice.jpg
中の島にある年季入った喫茶店

1124fromHorohirabashiTop.jpg
アーチ型の幌平橋の天辺から:
晴れているとはいえ冷たい風、超早描

1124NakajimaPark.jpg
中島公園

関連記事

札幌あちこち

毎年今の時期が一番スケッチしずらい。
天候不順もあるが体が寒さに慣れていない。

今回は晩秋の札幌のあちこちのを載せる。

1120fromMyRoom.jpg
部屋から

1120Sumikawa3Cross.jpg

近場の交差点:奥は天神山

1120Sumikawa.jpg
澄川駅近くの野菜屋

1120fromEkimae(Oct Drawed)
札幌駅前通り:先日の小樽歩きから戻ってのラフ描き

1120HassamugawaRev.jpg  
晩秋の夕方
琴似発寒川)
 

関連記事

モノクロームの絵(その1)

雪交じりの雨が降ったりで景色も段々色を失ってきている。
完全に雪になればそれなりに楽しめるのだが、それまでにはもう1,2週間
待たねばならないかもしれない。
以前描いた絵や本の絵の模写、または現場でのラフ描きを家でペンで再描などをしている。

1121MonoDouchou.jpg
旧北海道庁:静岡の近藤さんの絵をもとに 

1121MonoHTBParkfromTop.jpg
公園からの手稲山

1121MonoHTBParkfromBottom.jpg
同じ公園の階段下から

1121MonofromBonzuPark.jpg
ぼんず山公園からの市内方向

1121MonoNearPark.jpg
近くの公園

関連記事

薄野の古民家 鴨々堂ギャラリーに再生

2013年11月18日北海道新聞夕刊の展覧会紹介記事に写真入りで、何回も描いた
家のことが載っていた。

中島公園に近い南7条西2丁目にある古民家が
鴨々堂ギャラリー(店主:石川圭子さん)に再生。

ここを初めて描いたのは10年ほど前と思うが、同じような絵になるがそのうちの数枚アップ。


smallS7W2OldHouse.jpg  small南8西2古い家
        記事の写真                        2006年7月   

small0720南8西2古い家と南川商店       small0720南8西2古い家
 
  2009年7月下見張りの壁が白壁に            2009年7月:裏から

small0908南8西2鴨かも川の橋          small0112S7W2SitamibarinoIe.jpg
2009年9月:園生橋の下を流れるのが鴨々川        2011年1月裏から

small0625S8W2Hayakawasyoten.jpg
2013年6月:以前ブログにも書いたがこれを描いているとき
    小学生くらいの女の子が「おじさん、上手ですね」と褒めてくれた(w)。
上の写真で分かるが、今は板壁に戻っている。

同じ所をよく描くが、よく飽きもせずと自分でも思う。
この建物はもともとは芸者置屋だったとのことをこの記事ではじめて知った。
関連記事

札幌街歩き(その11)

タイトルは、札幌街歩きとなっているが中心街から5~6kmほど南の
月寒公園まわり。描いたのは11月はじめ。春にも描いているが秋景色をアップ。

1104TukisamuKouen.jpg  
秋の池

1104AnpanKaidou.jpg
アンパン道路の記念碑:
この道は、平岸小学校前からこの記念碑前を経て国道36号(月寒通)
までの道路で、以前この道に沿っての景色をまとめたことがある(2010.10)
2010年のアンパン道路の記事

1104KouenHigashiSaka.jpg
公園の東側の坂:
この坂も何度も描いている好きな狭い下り一方通行の坂

1104KouenKitaRev.jpg  
池の北側の坂
池の東側は小高い台地になっていて、神社や公園、パークゴルフ場
などがある。そこを左手に見ての美園町へ下る坂(ここも一方通行)

 



 

関連記事

街の秋ふたたび

秋景色が続いていたので、前回は「色彩を持たない...」絵を載せたが、
また秋景色へ逆戻り。 描いたのは小樽の絵より前の11月2日。


1102fromBonzuYama.jpg  
近くの公園から

1102TenjinNisiguchi.jpg
天神山公園の西側から


追記:絵を描き始めた頃から色々感想を貰っている千歳の友人O君からメールをもらった。

”...、その中11月11日の小樽スケッチを拝見し大変に惹きこまれました。
随分と以前になりますが2005年3月7日の雪道も白黒青でのモノクローム風で
極めて気に入った絵の一つでしたが、それを連想しました。
「入船市場横の路地」からは寂寞感までが染み入ってきました。
薄灰色のバックは白地よりも現実に近いと知りました。

嬉しいメールだったので
記録としてその一部分を無断で転記。
「入船市場横の路地」は下の「小樽スケッチ」の3枚目。

野幌冬景色050307Small
 野幌(2005.3.7)
 

関連記事

小樽スケッチ(その10)(モノ版)

もう 11月11日、まだ秋景色のスケッチがあるが、前の「小樽スケッチ(その10)」の
モノ版をアップ。
白黒でのスキャンではなくペンで復習再描。冬の間このような遊びが増えると思う。



1105KitagasUraMono.jpg
坂と港

1105TenjyoujiIchoMono.jpg
お寺のイチョウ

1105IrifuneIchibaYokoMono.jpg
入船市場横の路地
1105NansekiSoukoMono.jpg
軟石
倉庫

1105CoopYokoRojiMono.jpg
生協横の路地

    

関連記事

小樽スケッチ(その10)

11月10日追記
ainosatoさんの今日のブログ2によると小樽花園の通称「花園タイムズスクェア」
と言われている三叉路のビルが内部整理を始め取り壊されるのではないかとのこと。
好きな場所で何度か描いている。飲食街の雰囲気がやや描けていないが添付。

1110NorthMonparunasu.jpg  

11月5日多分今年最後の小樽歩き。
前回9月末に描いた北ガス裏の坂へまた行き同じ場所から同じ景色を再度描いた。
気温は低くないという予報だったが海からの風はやはり冷たかった。
今回はこの近辺でもう一枚描き、残りは少し下り入船市場のまわりで描いてきた。

1105KitaGassUra.jpg
坂と港:
今月末のサークル展に出すためF6に描いた。描き終えて坂を下る途中で、
      落ち葉を片付けていた住人に坂の名前を聞いてみたが、住んで40年程
      になるが特に決まった名前は無いとのこと

1105TenjyoujiIchou.jpg
お寺のイチョウと向かいの家々:
上の絵の坂を下り左へ曲がった辺りの空家の前から、
お寺は天上寺といい、明治23年に長野の善光寺を模して
建立されたとのこと、そろそろお寺自体を描こうか...

1105IrifuneIchibaYoko.jpg
入船市場横:
前回もこの市場で昼食と一休み。裏口から出て直ぐの横の道

1105NansekiSouko.jpg
軟石倉庫:
運河沿いには軟石倉庫が沢山残っているが、海から離れた所には少ない。
今は消火設備関係の会社で使用しているが、元は何であったか聞き忘れた。
筋向いの老舗のお餅屋「みなともち」( ↓ )の店先から、断って描かせて貰った。
高血糖のため糖質制限食実施中、餅は厳禁のため買わずに挨拶だけしてきた。
店の絵はお礼代わり、にもならないが...

1105MinatoMochi.jpg

1105CoopYokoRoji.jpg
生協の横の路地(入船):
右手前の建物は以前にも描いているがこの角度からははじめて
 
 

関連記事

近場の秋景色

やがて白一色の雪景色になる。その前に近場の秋の景色をふたたび。
家から出て直ぐの表通りに天神山があり、その裾にある三吉神社のイチョウが今さかり。
少し歩いて豊平川にかかるミュンヘン大橋近辺で3枚。


1028Sankitijinjya.jpg  
 三吉神社のイチョウ

1028toMyunhenBridge1.jpg
ミュンヘン大橋500m
位手前から:
奥は藻岩山

1028toMyunhenBridge2.jpg
ミュンヘン大橋麓から
これを描いているとき、通りがかり人が「写生ですか、風流ですね」
と懐かしい言葉を2つ聴いた。

1103YamahanagawaRev.jpg  
山鼻川と藻岩山裾野:
ミュンヘン大橋を渡ると山鼻川に着く。7月にも描いてここに載せたが、
再度描こうと思い行ってみた。橋の補修工事で橋桁は板で覆われ川も
水が止められていた。7月の絵を見て描き、色だけ今の色にした。

0717yamahanakawa300.jpg
7月に描いた山鼻川(再掲)



関連記事

街の絵

普段よく ”ながら族”(今は死語?)でFMを聴く。
選んではCDで持っているベートーヴェンのピアノ三重奏「街の歌」
というのを結構繰り返して聴く。この記事のタイトルはそれをもじって(w)。

秋の絵がつづき、「あき」がくる。
描いた時・場所は「まちまち」だが「街」の絵を数枚アップ。


1101S2W9.jpg  
狸小路西端辺り

1101HongouToori.jpg
本郷通商店街

1101MaruyamaToori.jpg
円山商店街

1101SumikawaYu.jpg
銭湯前:銭湯の建物自体は狸の後ろの右奥


1101CoopMae.jpg
突然の雨:西岡生協駐車場から 


関連記事
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター