小樽街歩き(その4)

(7月2日 追加) 下の記事の4枚目の住吉神社裏の階段下からの絵に1枚追加。
4年前に上から描いた絵を描き直してアップ

0702Redrawof2008OctSumiyosiKaidanSmallRev.jpg
住吉神社裏の階段上から:階段と花園町へつづく路
  
26日 晴天のなか小樽入船町を歩いてきた。入船も小樽に何個かある港へ向かう沢の町で、歩いて面白い地形。絵にすると似たようなものばかりだが、描いては面白い(のは自分だけ)。
南小樽で降り港から離れる方向に緩やかな勾配の上りを徘徊スケッチ。
描き終えて、小樽文学館で開催中の「没後100年 石川啄木と小樽啄木会展」を見に行き、堺町へ廻って、バスで戻る。

0626GuardtoMyoujinn.jpg  
築約100年の鉄橋の下と末広稲荷明神:
何度も通っていたが、いわれを本で知って初めて描いて見た

0626KudamonoyatoRoji.jpg
コープさっぽろ入船店近くの八百屋と路地:
右の路地奥からこちら向きには2度ほど描いている

0626BouroutoMinato.jpg
消防団の望楼と港:住吉神社の北側から、坂を登ってきた人が休むために
立ち止まり少し話をする。「神社のものだけど家の窓から港が一望できる」、とのこと。

0626SuminoeJinjyaUraKaidann.jpg
住吉神社の裏側の階段下から:
2008.10月上から描いた

0626IrifuneKoubannUra.jpg
入船交番(
絵の左の建物の裏側

0626KyounoYu.jpg
銭湯と横の坂:冬はスキー場? まさか。

0626Irifune2choumeSaka.jpg
入船2丁目の旧医院と階段坂:
向かいの岡本商店という果物屋さんの店先に断って椅子を置いて描いた

0626IrifuneIchiba.jpg
入船市場:組合員の駐車場の件で打ち合わせ中
小樽文学館へ向かい始めたが〇と休憩のため市場へ。
小樽にはいくつも市場があるがどこも中にトイレと休憩場があり重宝している


0626atOlive.jpg
観光街の中のカフェ「オリーブ」から:
静岡の近藤さんが今年もスケッチに来ているかも、と寄って見たが、
今年はスペインへ行ったり、個展の後始末で忙しく来年とのこと 
関連記事

札幌街歩き(その11)

24日午後中央図書館で、”札幌の語り部」サロン~「さっぽろ 街かどの思い出」で辿る在りし日の札幌~”という講演会があると言うので出かけた。
講師は浦田久という人で、氏のスケッチ文集
「さっぽろ 街かどの思い出」(自費出版、5冊)を基に昭和20~30年代の街中の風景にまつわる話だった。この著書には何度か目を通していたが、話となると脱線も入って興味深かった。

一寸早めに出て、南21条橋を通り、何度も描いている景色を1枚、図書館近くで1枚描いて、講演会の後、図書館前の教会兼幼稚園を描いて夕方帰宅。

0624from21Bridge.jpg  
 南21橋からの豊平川と恵庭岳

0624Sidennsyako.jpg
市交通局車両センター前:色塗りを終える頃、
描いていた所の背中の教会(下の教会とは別)の日曜礼拝を終えた人たちが
覗いて褒めてくれた。
ありがとう。

0624BaputesutoChurch.jpg
白い教会:
ここも何度か描いているが描くことが楽しい


付録2点

0508BozarBridgeRev.jpg  
ボザール橋(札幌芸術の森)(既掲載)

0619TenjinSomajinjyaRev.jpg
相馬神社(天神山)
 

関連記事

特異記事:プレゼント

先日「むにゅむにゅむにゅ・・さん」からの下のようなプレゼントを頂いた。
その経緯や頂いたときの様子はむにゅむにゅむにゅ・・さんのブログに
面白く紹介されているので訪問してみてください。


FiveJizous.jpg

歴史:2007年6月私の好きな行啓通をぶらぶら徘徊し、下のような建物を描いた。
そこが居酒屋であることは知っていたが中々中に入る機会が無かった。
その後この店とにゅむにゅむにゅ・・さんが深いご縁があることを知り、この4月、店内に貼ってあるという彼のお地蔵さんの絵を見たく入ってみた。店の人が間を取り持ってくれ、メールやブログのコメントでやり取りするうち、4月20日初顔合わせとなった。その後は彼のブログのような次第
200706Toriuo.jpg  
晩酌御殿 居酒屋 「鳥魚」 
関連記事

小樽街歩き(その3) 銭函編

4月以来小樽中心へは行っていない。今回は小樽市銭函で描いて来た。小樽への電車の窓からや、ainosatoさんのブログで見ていた、銭函の駅手前の緑の屋根の工場を描きたくて行った。構内でのスケッチは受付に聞いてみたが、やはり、当然NO.
駅近辺を描いて、最後に銭箱郵便局前の坂と緑の屋根の工場の遠景が描けたので一応目的は達成。描きたい坂が他にもいくつかありそうなので機会を見て再訪したい。
描いた順にアップ。

0617ZenibakoOosakaya.jpg
銭函駅近くの軟石の喫茶店

 0617Zenibako3saro.jpg
駅近くの三叉路:前の絵の赤い屋根の家たちの表側

0617ZenibakoKaigan.jpg
オープン前の海水浴場:
右の建物の右壁は半分壊れていたが修復しておいた
奥の右が小樽高島・祝津あたり、
コンビニで昼を買い、海を見ながらの昼食

0617ZenibakoEki.jpg
小樽寄りの踏切りから見た銭函駅構内

0617ZenibakoPostOfficeMae.jpg
銭函郵便局前の坂と踏切りと工場の緑の屋根:
構図が難しく家で描き直したが.

関連記事

札幌街歩き(その10)

6月11日午後 知人たちの「淡彩4人展」(駅前道銀ミニギャラリ)を見るため出かけた。
折角だから何処かを描くことにした。
4人展を見てからでは描く気が失せるので描いてから見せてもらうことにした。
地下鉄バスセンター駅で降り、地上に出て、交差点の中央分離帯で1枚。
その後サッポロファクトリ近辺で3枚描いて、道銀ミニギャラリへ。 
案の定20点の作品の素晴らしさに、
当然だが真似は出来ないなーーーと退廊。

0611OodooriE4.jpg
大通り東4丁目からのテレビ塔:スカイツリーフィバーにあやかって

0611Factory.jpg
サッポロファクトリの入り口付近:
手前の蔦の建物は札幌ビールのレンガ倉庫
 

0611FactoryNorth.jpg
取り壊し中の長屋:
多分昭和20年代の長屋で以前通った時には
まだ人が住んでいて描くのは遠慮した。
建物の背後は室内がむき出しになっていた。

0611N4E4Toori.jpg
北4条通り東4丁目の並び:
居酒屋兼素泊まり旅館、床屋、銭湯
これだけあればこの近辺で生きれそう
関連記事

札幌街歩き(その9)

天気も良さそうなので久しぶりの街歩き。地下鉄中島公園まで行き、豊平川を渡って、水車町を少しぶらぶらし、その後豊平1,2条辺りを歩き、コンビニで昼を買い、豊平川沿いで初夏の陽気の中で ” ビッグ ” ランチ。
もう少し描きたいので目の前の景色を描く。
この時、組木細工をしているという青年が描いているところを覗きに来て少し話をする。京都で修行し今札幌で弟子を使い仕事をしているが、時間のあるときはこの川沿いに来て、木や鳥を観察したり、スケッチし勉強しているとのこと。
「また見かけたら声かけて」と言い別れ、薄野の方に向かう。
以前も描いている焼鳥屋の一角の様子が変わっていたので最後の1枚と思い描いて、今日の街歩き終了。描いた順にアップ。


0605Suisymachi1.jpg
水車町の青い屋根の家

0605SuisymachiRecycleShop.jpg
同じ住宅街の中のリサイクル市場

0605SuisyamachifromBridge.jpg
橋の袂から

0605Toyohira4-1.jpg
豊平の一角:何の変哲も無い絵
以前描いたときは左の駐車場の所に軟石の家があり、
右の赤い車のある所に4,5軒飲食店の入った古い建物があったが

付録として2007年に描いたのを載せておく:
20070921Toyohira4-2.jpg



0605fromToyohiraRiverside.jpg
豊平川沿いから藻岩山方向

0605S3W2Yakitoriya.jpg
薄野の北(南3西2)の一角:
真ん中の白い建物は以前は別の様相であったが、
1ヶ月程前に改装開店したそう

20090805S3W2Yakitoriya.jpg 
変わる前のスケッチ:2009.8月



関連記事

札幌郊外と市内のスケッチ

毎度の混載記事:妻の小康の合間に長沼方面にドライブ。道の駅の野菜屋をのぞいたり、
スケッチしたり、めったに入らないレストランでノンアルコールビール付きの食事。
そのときの3点と市内の近場の3点をアップ。   


0530NaganumafromSkijyou.jpg
長沼スキー場下から:
昼には少し早かったので目標のレストランを通過して
スキー場の上まで車で行き戻り道スキー場のふもとで
奥の街町並みは多分栗山町

0530NaganumaHarvest.jpg
ハーベストという店:混んでいて1時間待ち、普段なら待てないが、
スケッチできそうなので待つことにし、駐車場から

0530NaganumaLongRoad.jpg
食後の帰り道:苗の植え終えた水田と長い一本道

以下の3点は札幌市内のもの

0530SumikawaLibMae.jpg
澄川図書館前から

0603SumikawaEkitikaku.jpg
地下鉄澄川駅近くの交差点

0604fromToyohiragawaSide.jpg
豊平川沿いの自動車道からのミュンヘン大橋と恵庭岳
バス停に車を寄せての”あせり描き”


関連記事

ガード下スケッチ

最近、小林一郎”「ガード下」の誕生”(祥伝社新書)
とBeretta P-80というグループ”東京町工場散歩”(中経の文庫)を興味深く読んだ。
ガード下を含んだないしはガード下で描いたスケッチが結構あるので最近の4枚と以前に載せたが2枚付録でアップ。 町工場のスケッチもいずれ記事にしたい。

0521JrKoukaEkitikaku.jpg  
札幌駅近く

0601SumikawaUnder.jpg
地下鉄澄川駅近く

0602NisiokaUnder.jpg
西岡:上は普通の道路

0602GuardSitaMokuzaisyo.jpg
平岸:上は地下鉄

0824SinSapporo2011.jpg
Jr新札幌駅と国道12号線の交差する所

20080316SumikawaUnderTaxPool.jpg
地下鉄澄川駅のタクシープール 

関連記事
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター