小樽街歩き(その6)

”9月になれば”小樽へ、と思っていたが待てずに8月30日行って来ました。
小樽駅で降り近くの洋菓子「あまから」の工場前からスタートし、都通り、文学館近く、運河沿いをスケッチ、その後、手宮線跡で行われているainosatoさん達の鉄路写真展を見に行き、夕方帰札。


0830amatoumae.jpg
都通りと静屋通りの間の通り:前にも描いたが、
冬で座る所もなく色も塗れなかったので再挑戦

0830miyakotoorikara.jpg
都通りの「あまとう」本店の横の路地
正面ツタの建物:「叫児楼二代目」という喫茶店

9月6日追加:台風12号で家に閉じこもり。ainosatoさんの写真を模写
0906OtaruTanpopoRojibyInosatoRev.jpg   otarutanpopo.jpg
上の絵の逆方向からの景色。           ainosatoさんの写真

0830inaho2roji.jpg
文学館の2本駅側のやや下りの通り

0830ungazoikara.jpg
運河沿いから前回描いた旧海宝楼の方向
右手前の赤い屋根の家はやや前に移動してもらいました

0830daidousouko.jpg
同じ位置で港側にある大同倉庫の一部

0830ironai1sono1.jpg
文学館横の線路跡を挟んでの古い家並み:主に飲食店など
家の正面は不正確:通りが駐車可能で車がずらり

0830ironai1sono2.jpg
同じ所を反対側から
この後、鉄路展に行く:ainosatoさんのブログからの転記

「2011 小樽・鉄路・写真展」
場所:小樽市色内2丁目10番地 旧手宮線跡地
期間:2011年8月29日(月)~9月11日(日) 14日間
時間:24時間 夜間照明あり(最終日 9月11日は17:00まで)

その内の1枚に目が止まり、これを描いてみたいと思ったが、どこだか分りそうもないし、今から探すのも希望薄と考え、窮余の策として、線路に座って彼の写真を模写した。家に戻り、彼に問い合わせた所、赤い屋根の家は今はなく駐車場になっているとのこと。昨日の彼のブログに現在のその場の姿が載っているということで、よく見ると3年前に手前の家を描いていることを思い出す。
以下模写と3年前のを載せます。

0830tyuouichibamae.jpg
中央市場の南前:手前の家の屋根の色は青の様で、間違えました。

0830_itibamae_080903.jpg
2008年9月のスケッチ
この時から、何の家だったのか謎。誰か教えて下さい。


関連記事

夏の天神山から

2つ前の記事に「天神山の四季」を載せましたが、再度天神山です。
天神山公園の中の景色と展望台からの景色を描きました。

0826TenjinZenkeiA4byCamera2.jpg  
展望台からの眺望

0819fromTenboudai.jpg
同じ位置から少し右方向の景色

0821Azumaya2.jpg
公園内に4個ある東屋の2個を描いた:その1

0816Azumaya1.jpg
その1の東屋の中から:その2
残りの2個もその内描きたい。

0816Yuuhodou.jpg
公園内の遊歩道を跨ぐ橋

関連記事

札幌街歩き(その15)

最近は暑さや老化(?)のせいで一度の歩きが短い、それとその場で色を塗るようにしているので一度の歩きで描ける絵は2,3枚。
2,3回の街歩きのスケッチを載せます。

0812susukinono1.jpg 
すすきの入口南4条西4丁目から駅方向


0812susukinono2Rev.jpg  
上とほぼ同位置南4条西5丁目から北方向

0812susukinono3Rev.jpg  
同じ位置から東方向 電停は「すすきの」

0814susukinoKitaS4W2.jpg
別の日南4条西2丁目から
色塗り始めたら雨が降ってきて、描いている背中が工事中のビル。
まだ作業員が来ていないなかったので、軒を借りての彩色

0814OtarubeerGarden.jpg
雨が止んだので創成側公園の小樽ビールのビアガーデンへ。開店前の席に座って。
描かれているお客は先日夕方行った時の雰囲気を思い出して

0813SeikyouyokoKaidan.jpg
西岡生協に西側の斜面:何回か描いている

0818sumikawa3saro.jpg
生協から地下鉄の近くに来ての3差路からの藻岩山と通り

0818fromjyunnrennmae.jpg
南平岸の地下鉄シェルター下からの眺め
絵は晴れているが、先日の激しい雨のときこのシェルター下で雨宿り中



関連記事

天神山の四季

暑い日が続き、ブログも同じような記事が続き一層暑苦し感じられます。
今回は、ブログで再三登場する札幌天神山の鳥瞰図と天神の四季としてアップを試みました。殆どは以前の記事で載せたものです。

天神山は札幌市の中心から5km程南、豊平区に位置しする90m程の山というか丘です。元は個人の敷地でしたが、今は札幌市の緑地公園の一つになっています。公園内には、天神山国際ハウス(現在、閉鎖中)と日本庭園、2つの神社、遊園地などがあります。東屋も4個あり市民の散歩、憩いの場になっています。
なお、以前は、蕎麦屋があったり(
30年程前)、日露友好会館という洒落た施設、アサヒビールの百景園などがあったが今は見られない。

BirdEye2Small.jpg  
天神山鳥瞰図(当然不正確)  



0523Tenjin02SakuraRevSmall.jpg
桜の頃の国際ハウス前

0519TenjinnHanaRevSmall.jpg
公園内の下り道 


 

0807TenjinKudariSmall.jpg
公園南側の下り道その1

0725fromTenjinSmall.jpg
展望台からの藻岩山と手稲山

nihonteiennSmall.jpg
国際ハウス前の日本庭園 



AkiNo2.jpg
紅葉の天神その1 

Akino1.jpg
紅葉の天神その2


0108fromSnowTenjinRevSmall.jpg
公園南側の下り道その2

FuyuLadyDogSmall.jpg
雪の夕方 :2003年の絵
その他

0322TennjinnsitaSmall.jpg
公園の外の南側にある景色  

0422TenjinnyamaTakubokuHiSmall.jpg
啄木碑:石狩の都の外の君が家
林檎の花の散りてやあらむ
この外に久保栄の「林檎園日記」の碑も近くにある

sakurateiSmall.jpg
かっての日本料理の店:今はこの前に高齢者用マンションが建ち
景色は変わっている


  
関連記事

札幌街歩き(その14)

7月29日から31日のスケッチを載せます。最初のは、食後の散歩で地下鉄澄川駅の直ぐ近くで目にした光景を立って描いたもので、右手前の現場監督らしき人が不思議そうに何度も振り返っていました。

次の4枚は何度も歩いていて、描いている行啓通りのもので、1枚目は、毎年2,3枚は描いている仕出し屋「はちわか」を含む通りのスケッチです。次は10丁目辺りの「山鼻屯田会館」という目立つ建物です。

その後、11丁目にある山鼻公園でコンビニ昼食を取りながら水遊びの子らを描いてみました。同じ道を戻りながら、もう1枚描いて戻りました。

最後の1枚は、街歩きとは違いますが、載せます:8月2日北海道新聞夕刊の記事:「震災乗り越えサンマ出漁」の写真「釧路港の岸壁を離れ、漁場に向かうサンマ棒受け網漁船」と6月の訪問時描いた同じ場所からの絵(記事:「釧路へ」へ既載)を見ながら再描したものです。
出漁に間に合わなかった仲間の分も頑張りたいとのこと。安全と大漁を祈念します。

0729DenchuuSagyou.jpg  
作業現場

0731Gyoukeitoori01Rev.jpg  
行啓通りその1:はちわか

0731Gyoukeitoori02.jpg
行啓通りその2:山鼻屯田会館

0731Gyoukeitoori03.jpg
行啓通りその3:
山鼻公園

0731Gyoukeitoori04.jpg
行啓通りその4:古くからの呉服店など

08003Gyosen.jpg
サンマ棒受け網漁船の出漁:釧路港
関連記事

札幌街歩き(その13)

前回の記事:「小樽で出会った近藤さんのスケッチ」で触れましたが、彼の描いている所を見せてもらいながら、一緒に描かせてもらった絵を載せます。小樽での2枚は「小樽歩き(その5)」の最後の2枚既に載せていますので、以下は 札幌での分です。

0724Tanukikouji.jpg  
狸小路5丁目から東方向

0725BeerGarden.jpg
大通りビアガーデンにて

0724Mitsukosimae01.jpg
三越前から:電車停留所方向 

0724Mitsukosimae02.jpg
三越前から:すすきの方向東側

0724Mitsukosimae03.jpg
三越前から:すすきの方向西側

0725fromTenjin.jpg 
天神山からの藻岩山と手稲山

0725fromAsahigaokaPark.jpg
旭丘公園からの眺め

関連記事
最新記事
リンク
プロフィール

machiinokeshiki

Author:machiinokeshiki
やまぐち ただし
札幌在住
退職後 街歩き水彩スケッチ

FC2カウンター